ホワイトニング徹底解説!気になる値段やデメリットもすぐわかる!

歯を美しく見せるためにまず最初に思いつくのが白く輝く歯。芸能人は歯が命だなんて言われている世の中ですが

ホワイトニングを行えば白い歯が手に入れられるのは皆様御存知の通り。

でもホワイトニングをしたことがないという方は意外と多いのではないでしょうか?

「ホワイトニングって値段が高そう・・・」

「痛みとかはないのかな・・・」

「本当に効果があるの・・・?」

等、様々な疑問をお持ちかと思います。

今回はそんなホワイトニングの様々な疑問にお答えするべく、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いや、ホワイトニングの原理、費用等を全て解説していきたいと思います!

ホワイトニングには2種類ある

ホワイトニングと一口に言っても、自宅で行うホームホワイトニングと、歯科医院で専用の薬剤、機械を使用するホームホワイトニングの2種類があります。

細かい特徴は次の項で解説しますが、簡単に説明すると、ホームホワイトニングはゆっくりと時間をかけて歯を白くし、オフィスホワイトニングは施術を受けた瞬間からすぐに白さが実感できます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯医者さんで作製してもらったマウスピースに薬剤を入れ、それを装着して歯を白くするホワイトニングをいいます。

比較的歯への意識が高いアメリカでは、ホームホワイトニングを下経験がある方の割合が95%と言われているほど人気のワイトニングです。

ホームホワイトニングのメリットは?

1.価格が安い

ホームホワイトニングは効果が見られるまで時間がかかりますが、オフィスホワイトニングに比べると比較的安価でお香合うことが出来ます。

また、一度マウスピースを作製してもらった後は薬剤を購入するだけで安価で何度もホワイトニングを行えます。

2.自然な白さを手に入れられる。

オフィスホワイトニングは歯の表面を白くしますが、比較的後戻りがしやすく、半年程度で効果が薄れてくると言われています。

対してホームホワイトニングは歯の内部の象牙質から漂白するので、効果は1~2年と後戻りもしづらく、歯本来の白さを取り戻すことが出来ます。

3.自分のペースで行える

ホームホワイトニングは自宅で行うホワイトニングなので、忙しく時間がないから歯医者に行けないという方でも行えます。

マウスピースを付けている時間は1日2時間程度なので大きな負担にはなりませんね。

ホームホワイトニングの相場は?初期にかかる費用は3万円~5万円程度から!

ホームホワイトニングは最初にマウスピースを作製するので最初は費用がかかりますが、それ以降追加でホワイトニングを繰り返す際は薬剤を購入するだけですので、トータルで考えれば安く済みます。

薬剤の購入費用は2週間分で数千円~1万円が相場だと言われています。

ただし料金設定はクリニックによって様々です。ホームページや電話で事前によく確認しましょう!

それでも、ゆっくりと長い目で見れば費用対効果は抜群ですね!

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行う専門的なホワイトニングなので、濃度の高い漂白剤を使用することができ、効果を高めるためのライトを照射し、すぐに白さが実家できます。

詳しくは下記で順を追って解説いたします!

オフィスホワイトニングのメリットは?

1.短時間でも効果を発揮する。

オフィスホワイトニングの何よりの特徴は、クリニックで専門の機械と材料を使用するので、1回行うだけでも目に見えて効果が発揮されます。

2.歯のチェックも同時に行える

オフィスホワイトニングはクリニックで行うもので、施術を担当するのは勿論歯科医師は歯科衛生士ですので、異常に気付いてくれます。
そして、オフィスホワイトニングで使用する薬剤を健康でない歯に使用すると、しみて痛くなりますので、異常がある歯がすぐにみつかります。

3.ホームホワイトニングに比べてムラが少ない。

素人が行うのではなく歯科医師が一本一本丁寧に行うので、塗りムラがなくなりきれいな仕上がりになります。
特に、歯並びが悪い方が自分で行うと上手く塗れないため、ムラが多くなりがちとなります。

そもそも、オフィスホワイトニングの原理って?どうして早く白くなるの?

オフィスホワイトニングには大きく分けて2つの工程があるのですが、その一つが
歯の表面に過酸化水素や過酸化尿素を主成分とした薬(ホワイトニング剤)を塗り、歯の表面の着色物を無色透明に分解する工程です。

ですが、歯のエナメル質の色素が無色透明になっただけでは歯は白く見えません。

なぜなら、半透明になってもエナメル質の下層にある象牙質は黄色みがかっているため、中の黄色い象牙質がすけて見えてしまいます。

ここで半透明になったエナメル質を白くするために、ホワイトニング剤がエナメル質の構造に手を加えます。

エナメル質の表面構造は角状の柱のようなものが集まって構成されているのですが、薬剤を塗布した後に専用のライトを照射することで表面構造を角状から球状に変化させます。

球状となったエナメル質は光を乱反射させ、結果的に歯が白く見えるようになります。

再着色とホワイトニングの後戻りは?

さて、オフィスホワイトニングの原理がわかったところで気になる「効果が薄れてしまう」ということですね。

これはオフィスホワイトニングの原理がわかっていれば簡単な理由です。

工程①で歯の表面の着色物を無色透明にしましたが、再び着色物が付着してしまう「再着色」
工程②でエナメル質を変化させましたが、そちらが変化前の状態に戻ってしまう「後戻り」

の2つになります。

どうして再着色してしまうの?

歯の表面には唾液の成分によって「ペリクル」という薄い膜が付着しており、この「ペリクル」が歯の表面をコーティングすることで歯を外部から守っているのですが、ホワイトニングの直後はこの「ペリクル」が剥がされている状態なのです。

約1日で「ペリクル」は再形成されるのですが、この初期状態の「ペリクル」は非常に色が付きやすいのです。
歯に色が付きやすい約1日の間にコーヒー等の色の濃い食品を摂取すると色素が再着色を起こします。

ホワイトニングの直後は色素の強い飲食物は控えたほうが良さそうですね!

オフィスホワイトニングは本当にすぐ効果が出るの?

歯の白さは20段階に別れており、1回のホワイトニングで2~4段階程度白くなると言われています。鏡でご自身の歯を見ていただいてもしっかりと白くなっているのを実感できると思います。

一度のホワイトニングで求めている白さになるかどうかは人それぞれですが、繰り返し行うことで確実に白い歯を手に入れることが可能です。

オフィスホワイトニングの費用は?料金相場は1万5000~5万円程度

歯医者さんで受けることの出来るオフィスホワイトニングは1回の治療で1万5000~5万円程度とクリニックによって様々です。

どこのクリニックやホワイトニングサロンでも行う施術に大きな差はありませんので、事前によく調べ、電話で費用や使用する薬剤などを確認して見ても良いかもしれません。

ただし、上記の通りホワイトニングは1回で求めている白さを手に入れられるかどうかは人それぞれです。複数回行うとなると時間はかかりますがやはりホームホワイトニングのほうがお値打ちと言った感じでしょうか。

安いホワイトニングは大丈夫?高額なコースやプランには要注意!

フリーペーパーにクーポン券を発行している歯科医院も最近増えてきましたね。それらを使用すれば格安でホワイトニングを受けることが可能です!

ですが、初回限定で2回目以降は大幅に高くなるような場合もあるのでよく確認しましょう。

また、高額なコース契約を勧めてくる場合もありますので、注意が必要です。

まとめ

歯が綺麗だと自身にも繋がり、自然な笑顔になると言われています。

歯が綺麗だと相手に与える印象が良くなるというデータも出ていますが、ホワイトニングを受けたことがないという日本人は多いのが現状。

保険適用外になるので、料金体系は各医院・クリニックによって様々で使用する薬剤のコストやサービスの内容で開きがかなり大きいので、事前の確認が必要不可欠です。

本記事を読んだあなたはホワイトニングが身近なことだと実感していただけたかと思います。

迷っているならば問診だけでも是非行ってみることをおすすめします!

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする