ホワイトニングは危険?歯医者に行く前に覚えておきたい正しい知識まとめ

美しく白い歯に憧れを抱き、ホワイトニングを行う人が増えています。しかし、そのホワイトニングに危険はないのでしょうか?過酸化水素というキーワード物質を中心にホワイトニングの危険性について詳しく解説していきます。

画像

ホワイトニングって何?

歯医者では、虫歯などの歯の治療だけでなく「歯を美しくする」ことを目的とした施術も行っています。いわゆる「審美歯科」と呼ばれるジャンルであり、歯の美しさとはすなわち「白い歯」の再現です。

その代表的な方法が「ホワイトニング」です。

歯を白くする

ホワイトニングとは、文字通り「歯を白くする」ことを目的とした施術です。通常のブラッシングや、歯医者で行う「歯のクリーニング」では落とせないような歯の汚れを落とすことができる方法です。ホワイトニングは、「過酸化水素」を主成分とした専用の薬剤を歯に塗布し、光と熱を用いて歯に定着した色素を分解します。

さらに、ホワイトニングの薬剤にはエナメル質に対する影響もあります。歯の表面のエナメル質は実は白色ではなく厳密には無色透明に近いです。ホワイトニングの薬剤はエナメル質の構造を変化させ、その内側の象牙質の色を透過させなくします。それにより、象牙質の色によって歯の色に影響が及んでいたところを、光を反射させることで白く見せているのです。

まとめると、無色透明である歯の表面のエナメル質に付着した汚れを分解し、光を反射する構造に作り変えて内部の象牙質を見えなくする、この2つの効果によって歯の白さを作り出しているのです。

「オフィス」「ホーム」の2種類から選択できる

歯医者で利用できるホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類の方法があります。それぞれのホワイトニングで、得られる効果は異なりますので、どういった理由でホワイトニングを利用したいのかによって選択する必要があります。

オフィスホワイトニングは、歯医者でホワイトニングを行います。相応の濃度のホワイトニング剤を使用することができ、光を当ててその効果を高めます。歯を白くする効果については即効性が高く、急いで歯を白くしたい人にお勧めですが、施術後に歯の色が戻る「後戻り」が早いという点がデメリットです。

一方でホームホワイトニングは、自宅で行うホワイトニングです。歯医者ではマウスピースの作成を行い、そのマウスピースにホワイトニング剤を流し込んで装着して歯を白くしていきます。オフィスホワイトニングほど即効性はないのですが、ホワイトニングを続けるほどに歯が白くなり、持続性も増していきます。

オフィスホワイトニングは、何か歯を白くしたいイベントなどに対して急いで歯を白くする場合にお勧めです。ホームホワイトニングは日常的に歯を白くしたい、急ぐ必要が無い場合にお勧めです。

ホワイトニングの主成分「過酸化水素」とは?

ホワイトニングと聞いて「漂白剤を飲むのか!?」と勘違いする方も少なくありません。実際には違うとしても、「歯を白くする効果がある薬剤」を口の中に入れることには抵抗を感じるかと思います。

特に気になるのは、先程も少し触れたホワイトニング剤の主成分である「過酸化水素」です。

過酸化水素は「やけど(腐食性薬傷)」を引き起こす

ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素には、「やけど」を引き起こす可能性があります。厳密に言えば、高い腐食性から引き起こされる「腐食性薬傷」と呼ばれる症状で、他にも使用法によっては爆発などの危険性も持ち合わせています。

ホワイトニングで用いられる過酸化水素は安全な濃度

やけどや爆発の危険性がある、そんな薬品を口の中に入れるなんてこと誰でもお断りかと思います。一体、どのような劇薬を医療機関は平気で患者さんの口の中に入れるのか、そう思われるかもしれませんが、実はそのような心配はいりません。

上記のようなやけどなどの危険性については、該当の過酸化水素が「高濃度」の場合に起こるリスクとなります。医療機関で利用・提供されている過酸化水素は、ホワイトニングに使用しても安全な濃度に制限されています。

オフィスホワイトニングで使用されるホワイトニング剤は、それなりの濃度のものが使用されています。種類にもよりますが、肌に付着するとただれる可能性がある程度はありますが、プロの手による施術であるため基本的に安全性はそれなりに高いと言えます。

ホームホワイトニングの場合は、ホワイトニング剤の濃度はかなり低く押さえられています。オフィスホワイトニング用のホワイトニング剤の過酸化水素の濃度が35%以下のものが一般的なのに対して、ホームホワイトニングの場合は10%以下のものが一般的です。なお、ホームホワイトニング用のホワイトニング剤の中には30%以上の濃度のものがありますが、これはおそらく「過酸化尿素」の濃度であり、過酸化水素の濃度に換算すると同じく10%以下のレベルなので安全です。

ホワイトニングの注意点

基本的にその安全性が保証されているホワイトニングですが、実は全く危険性がないというわけではありません。

個人輸入のホワイトニングは自己責任となる

危険性を考慮しなければならないのは「個人輸入」で購入したホワイトニング剤です。個人輸入とは、日本国内であれば医師の処方を受けなければ入手できない医薬品を、通販のような形式で海外製の物を購入する方法です。日本での相場よりも安価なものが多く、常用する医薬品の入手方法としてメリットのある方法ですが、基本的に「自己責任」となります。

個人輸入で購入できるホワイトニング剤の中には、その安全性が日本人向けの基準を満たしていないものも含まれています。基本的に、配合されている過酸化水素および過酸化尿素の濃度を調べて購入すれば問題はないと言えますが、成分の説明が不十分なものや、安全性が確保されていない成分が含まれたものも流通しているので危険です。

また、例えば「米国FDA」の認可が降りているホワイトニング剤であっても安全とは言い切れません。実は、一般的に日本人は欧米人と比較してエナメル質が弱いため、欧米人向けに認可されているホワイトニング剤でも日本人にとっては安全ではない可能性があるのです。

安全にホワイトニングを利用したければ歯医者へ行くこと

そうしたリスクがある以上、個人輸入でホワイトニング剤を入手することは危険だと言えます。そのリスクを回避するためには、歯医者に通院してホワイトニングを利用することがお勧めです。

個人輸入でホワイトニング剤を入手するということは、利用するホワイトニングの種類としてはホームホワイトニングに該当します。正しくホワイトニングを利用するためには、それぞれの歯に合ったマウスピースを入手して、正しいホワイトニングの利用法を歯科医師から指導してもらうことが必要になると言えます。

個人輸入でホワイトニング剤を入手することは、コスト面などでメリットが有ると言えます。しかし、そのために怪我などをすることはメリットが有るとは言い難いです。なので、プロである歯科医師の手によってホワイトニングを受けることが理にかなっていると言えます。

結論:ホワイトニングは安全、歯医者で適切な処置を受ければ問題はほとんど起きない

日本国内の歯医者で受けるホワイトニングは、その安全性が確保されている治療内容となっています。そもそも、既にホワイトニングが普及してからそれなりの時間が経過しているのですから、危険性の高い施術であれば既に中止されているはずです。今でもホワイトニングが利用できるということは、その安全性が立証されている証拠であると言えます。

歯医者view掲載医院のホワイトニングピックアップドクターはこちら

歯医者Viewがおすすめする院長をご紹介しております。|お近くの歯医者や今から予約出来る歯医者をお探しなら【歯医者View】

合わせて読みたい人気記事

歯を美しく見せるためにまず最初に思いつくのが白く輝く歯。芸能人は歯が命だなんて言われている世の中ですが ホワイトニングを行えば...

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする