コーヒーをやめなくても大丈夫!自分でデキる歯の黄ばみ予防策3つ

歯の黄ばみを予防する方法として「コーヒーをやめる」という方法があります。これは、色の濃いコーヒーに含まれるポリフェノールが歯の着色を促す原因となるからです。しかしコーヒー好きの人にとっては歯の黄ばみを防ぐためとは言え、好きなコーヒーをやめることはできれば避けたいことです。そこで、コーヒーをやめなくてもできる歯の黄ばみ予防策を3つ紹介します。

画像

自宅で実践可能な3つの予防策

ここで紹介する方法は、自宅で手軽に実践可能な予防法ばかりです。コーヒー好きの人は、以下の方法を実践してみてください。

ストローでコーヒーを飲む

コーヒーによる黄ばみは、ポリフェノールとコーヒーが酸性であることにより色素が沈着しやすくなっているからです。しかし逆に言えば、コーヒーを飲むことそのものが歯の黄ばみの原因となっているわけではないということです。わかりやすく言えば、コーヒーを飲む時に歯に触れなければ色素沈着を起こすことはないということです。

これを実践するためには「コーヒーをストローで飲む」のが一番です。全く触れさせないということは難しいのですが、コップから直接口の中に流し込むよりはコーヒーが歯に触れる時間は短くなります。

ただし、「ホットコーヒー」では難しいです。アイスコーヒーを飲む時にしか使えないという弱点はありますが、普段からアイスでしか飲まない人にとってはおすすめできる方法です。また、ホットとアイス両方を飲む場合に、アイスコーヒーの時にストローを使うだけでもそれなりの予防効果はあるのではないかと思います。

コーヒーを飲んだ後に口をゆすぐ

ホットコーヒー用の対策としては、コーヒーを飲んだ後に「口をゆすぐ」のが一番です。コーヒーが歯に触れた時、接触している時間が長いほど色素沈着を起こしやすくなってしまいます。つまりコーヒーを飲んで歯に触れた後すぐにこれを取り除くことができれば、コーヒーによる色素沈着の影響は最小限に抑えられるということになります。

その方法として、口をゆすぐのが最も手軽で現実的なのです。歯に付着したコーヒーの成分を水で洗い流すことで、色素沈着を起こす前にこれを除去できます。ホットコーヒーでもアイスコーヒーでも関係なく実践可能で、特にストローが使えないホットコーヒー用の対策としては非常に有効です。

ただし、コーヒーを飲む頻度が多い人の場合、その都度ゆすぎに行くのも面倒なことです。できる時にうがいをする習慣を身に着けておけば、現実的な方法となるでしょう。また、この方法は「タバコ」など、コーヒー以外の歯の黄ばみの原因になる習慣・行動に対しても有効な手段となります。

なお、口をゆすぐ時に「洗口液」を使うとさらに効果的です。洗口液を用いることによって口臭予防にもなります。あまり使いすぎるとコストの問題がありますので、適度な頻度で使用するようにしてください。もちろん、洗口液を使わずに水道水でうがいをするだけでも十分効果があると言えます。

ホワイトニング歯磨き粉を使用する

日常的なデンタルケアである「歯磨き」においては、黄ばみ対策として「ホワイトニング歯磨き粉」を使用するという方法が効果的だと言えます。ホワイトニング歯磨き粉には、歯に付着した汚れを落として歯を白くする効果が期待できるのです。日頃の歯磨きに、さらに黄ばみ対策の効果を付与することができれば、手軽に効果的な黄ばみ対策を実施できます。

この時、できれば「音波式電動歯ブラシ」を使用することをおすすめします。音波式電動歯ブラシは、歯ブラシに音波の振動を発生させることで歯垢の除去が可能です。音波の働きで毛先が触れていない部分の汚れも落とせるというメリットがあります。通常の歯ブラシよりも高価ですが、黄ばみ対策と歯の健康を維持するためにも活用したいところです。

コーヒー好きが黄ばみ対策でやってはいけないこと

先ほど歯磨きの話をしましたが、コーヒー好きの人は「研磨剤入りの歯磨き粉」を使うことは避けてください。研磨剤入りの歯磨き粉は確かに歯を白くするのに適したものではあるのですが、着色汚れに対しては逆効果になる可能性があります。

研磨剤を含む歯磨き粉を使用するということは、少なからず「歯の表面を削る」ということです。これにより表面の汚れを落とすのですが、普段からコーヒーなどの色素の濃い飲み物・食べ物を口にしている場合は色素沈着を起こしやすくなってしまいます。

研磨剤で歯の表面の「エナメル質」が傷つけられてしまうと、そこにコーヒーの色素が入り込んでしまいます。これにより、通常の歯磨き等では落とせないような着色汚れとなってしまうのです。歯磨き粉を選ぶ際には、研磨剤が入っていないものを選んでください。

その他にも、色の濃い食べ物や飲み物を多用することも避けてください。ただでさえ色の濃いコーヒーを飲んでいるのですから、カレーやワインなど着色汚れの原因となる食べ物・飲み物はコーヒー以外は避けるようにしましょう。

歯医者で利用できる対処法は?

上記の方法は、あくまでも「予防法」です。つまり、既に発生している黄ばみ・色素沈着については対処が難しいのです。コーヒーによる黄ばみが目立ってきたら、早めに歯科医院で適切な処置を受けることをお勧めします。

PMTC

歯医者で受けられる黄ばみ対策としては「PMTC」が有名です。PMTCとは、歯科医院で受けられる歯のクリーニングです。専用の器具を用いることで、通常のブラッシングでは落とせないような汚れもしっかりと解消してくれます。

PMTCは基本的に一度の施術で歯の汚れを解消できます。そのため、仕事などで忙しい人でも1日だけ時間を作れば、しっかりと歯の黄ばみを解消できます。自費診療となるため費用が多少かかりますが、相場としては5,000円~20,000円で利用できます。

PMTCを利用することのメリットとしては、コーヒーの「酸性である」という部分についても対処できるという点が挙げられます。コーヒーは酸性の液体であり、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。PMTCでは「フッ素塗布」を行う事が多く、フッ素塗布により歯の再石灰化(虫歯菌などによって溶かされたエナメル質を元に戻す作用)を促すことができるのです。

オフィスホワイトニング

PMTCでも歯の黄ばみは解消できると思いますが、もっと歯を白くしたいという人もいると思います。そんな人には「オフィスホワイトニング」をお勧めします。

オフィスホワイトニングは、歯科医院で受けられる施術の一つです。ホワイトニング剤に含まれる成分により、歯に付着している汚れを分解して落とします。また、半透明なエナメル質を擦りガラス状にすることで、内部の色づいている象牙質を透過させないことも歯の白さをもたらす要因となっています。

自宅で可能な「ホームホワイトニング」と比較すると、即効性があるという点がメリットです。すぐに歯を白くしたい事情があるのであれば、オフィスホワイトニングを利用することをお勧めします。オフィスホワイトニングも自費診療となり、相場は15,000円~30,000円となっています。

簡単な方法で予防はできる!黄ばみ解消には歯科医院で診てもらうこと

いかがでしょうか。コーヒーを飲んでいてもコーヒーによる黄ばみ対策は十分に可能であるということがわかると思います。ここで挙げた以外にも、とにかく「コーヒーが歯に触れている時間を短くする」ということを心がければ歯の黄ばみ予防は可能なのです。

ただし、予防はあくまでも予防であり、既に起こっている色素沈着に対しては対処できません。コーヒーを普段から飲んでいる人は、どうしても歯の黄ばみを完全に防ぐことは難しいのです。自費診療にはなりますが、歯科医院へ行けば自宅でできる方法では対処できないコーヒーの黄ばみも解消できるはずです。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする