歯科の矯正治療のキホンとは?全身の健康状態に影響を与える歯並びをキレイに!

歯科の矯正治療のキホンとは?全身の健康状態に影響を与える歯並びをキレイに!

歯並びが悪いと、一般的には見た目に不満や悩みを抱えてしまう人が少なくありません。しかし、見た目だけの問題ではなく、場合によっては全身の健康に悪影響を与える可能性もあります。ここでは、歯科矯正のするメリットなどについて、詳しく解説します。

画像

歯列矯正で口内の環境が健康に!

歯医者や矯正歯科で歯列矯正をすると、口内の環境にとってどのようなメリットがあるのかについて確認していきましょう。

虫歯や歯周病を抑える

歯並びが悪いと、歯と歯の間に凹凸や隙間ができます。そのため、汚れがたまりやすく歯垢や歯石が付着しやすくなります。乱杭歯のような歯並びの方は、歯がガタガタに並んでいることから歯ブラシが届きにくい部分があり、歯のお手入れが難しくなります。これらの理由によって、歯並びが悪い方は、口内の環境が劣悪な状態になってしまうことが多く、虫歯菌や歯周病菌の温床になります。

歯列矯正を行うことで、乱れた歯並びをきれいに整えます。歯と歯の隙間を減らせる上に、毎日の歯磨きなどお手入れしやすくなるメリットがあります。それによって、虫歯や歯周病の予防や進行を抑えることができるのです。

口内細菌の減少にもつながる

口の中の環境を一定に保って健全な状態にするのに重要な役割を果たしているのが、口の中の唾液です。口内には様々な細菌が繁殖しており、その中には虫歯や歯周病を引き起こすような細菌だけではなく、様々な細菌が存在しています。唾液には、細菌の増殖を抑制する働きがあります。

出っ歯や受け口、そしてかみ合わせが悪いなどの要因によって、口が常に開いていると、口の中が乾燥しやすくなってしまいます。そうすると、口の中の唾液量が減少し、細菌が増殖しやすい環境ができ上がってしまいます。

また、唾液はかむことで分泌されます。しかし、かみ合わせが悪いとしっかりかむことができず、よくかまずに食物を飲み込んでしまいます。その結果、唾液の分泌量が減少してしまうのです。歯列矯正をすることで、口内が乾燥しやすい状況を回避できます。

顎関節の負担を軽減できる

歯並びが悪いことによってかみ合わせが悪く、さらに左右にゆがみが生じてしまっていると、普段食事をする際に片方の歯だけで噛んでしまうことが多くなってしまいます。さらに開咬(オープンバイト)と呼ばれるような、奥歯はしっかり噛んでいるにもかかわらず前歯がかみ合わない状態になっていると、奥歯に負担がかかりやすくなります。

そうなると、かむ力を歯全体に分散することができず、顎関節にダメージを与える恐れがあります。顎関節症になると、口が開きにくい、かむときに痛みや異音がするといった状態になります。

歯列矯正によって、歯並びを矯正することで、かみ合わせを改善できます。かむときの歯の負担を均等にすることができるので顎関節症の改善が期待できるでしょう。

消化器系の影響

歯列矯正を行うことは、口の中だけではなく消化器系にとってもメリットがたくさんあります。

歯並びが悪いとうまくかむことができない

口は、食べ物を食べるときの第一の消化器官ともいわれています。唾液には、消化能力があり、しっかりとかむことで胃や腸での消化を助ける働きがあります。

かみ合わせが良くないと、しっかりかむことができずに、大きな塊のまま食物が胃に流れ込んでしまいます。さらに、オープンバイトで常に口が開いていると、奥歯に負担がかかってかみにくいだけでなく、そもそもの唾液の量も減少してしまうため、さらに消化されていない状態で食物が胃へ移動してしまいます。

このように、歯並びが悪いと、うまくかめないというデメリットがあります。自分自身はしっかりかんでいると思っていても、歯列矯正後に振り返ってみると、全然うまくかめていなかったと感じる方は少なくありません。

かむ力の向上により胃腸障害の低減も

しっかりかむことができていないと、食べたものは口に入れたときとほとんど同じ状態で胃へとはいりこみます。そのような大きな食べ物の状態では、消化するために多くの胃液が必要です。そのため、通常よりも胃を酷使して、胃に大きな負担をかけます。そのため、胃がもたれる、胃酸過多などの消化器系の疾患になることがあります。

また、胃でもしっかり消化できないうちに、腸などに食物が流れ込んでしまうことで、腸を傷つける恐れがあります。栄養をしっかり吸収することも難しくなります。このように、歯並びが悪いということは、しっかりとかむことができないだけではなく、消化器系へ大きな負担を強いてしまうことを理解しておきましょう。

歯列矯正をすることで、しっかりかむことができるようになり、消化器系の負担を軽くすることができます。

美容効果への期待

ここまで、歯列矯正をすることによって口内環境だけでなく、消化器系の不調を改善できると説明しました。そして、歯列矯正は、美容面でもよい効果が期待できます。

顔のゆがみの改善

歯並びが悪く、かみ合わせが良くないと片方の歯ばかりを使うことがあります。これは、顎関節への悪影響もありますが、筋肉のアンバランスを招きます。しっかりとかんでいる方は、筋肉がしっかりつきますが、あまりかまないもう片方は、顎の筋肉がどんどん衰えてしまいます。これによって、顔全体の筋肉のバランスが崩れ、顔がゆがんだ状態になる恐れがあります。

歯列矯正をすることで、かみ合わせを改善することができ、左右の顎の筋肉をバランスよく使えるようになります。そうすると、徐々に顔の筋肉のゆがみを改善でき、顔のラインをすっきりとさせる効果が期待できます。

口元の若返り効果

ここまで解説してきたように、かみ合わせが良くないとしっかりかむことができません。かまない癖がついてしまうと、顎や口周りの筋肉がどんどんと衰えてしまいます。若いころはあまり影響はありませんが、年を重ねるごとに、徐々にフェイスラインや口元がたるんでいき、実際の年齢よりも老けて見える恐れがあります。

歯列矯正をすることで、しっかりかむことができるようになり、顎の筋肉を発達させる効果が期待できるので、見た目が実年齢と同じくらい、もしくは若く見えるといった効果が期待できるでしょう。

精神的なストレスからの解放

歯並びが悪いと、その見た目からコンプレックスを抱えがちです。やはり歯並びがキレイではないことで、思いっきり笑うことができなくなったり、口元を気にするあまりに他者としっかりとコミュニケーションをすることができなくなる恐れがあります。それは大きなストレスです。

歯列矯正をして、歯並びをきれいにすることで、自分に自信を持てるようになります。誰にでも笑顔を向けることができるようになり、精神的なストレスから解放されるというメリットがあります。

歯列矯正で体も心も健康に!

歯医者や矯正歯科で歯列矯正をすることで、歯並びをきれいにできるだけではなく、それによって口内の環境改善や消化器系の負担軽減、美容効果やストレスの軽減などの効果が期待できます。歯列矯正をすることで、体調を崩したりすることはなく身体面ではメリットばかりです。もし、歯列矯正が気になる場合は、一度歯科医に相談をしてみてはいかがでしょうか。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする