まだ間に合う!大人の歯列矯正の期間と相場を徹底解説

「歯列矯正」と聞くと、多くの人が「子供の時に歯並びを治す方法」というイメージを持つかと思います。実際、成長途中の段階にある子供の場合、矯正しやすいというメリットが有り、大人の場合は逆に成長が完了しているので矯正が困難なイメージがあります。

しかし、実際には歯医者でも大人向けの矯正治療を提供しています。子供の頃の矯正治療と比較すると時間がかかることは否めませんが、さまざまなメリットが存在することは無視できるものではありません。

そこで今回は、大人の歯列矯正に関する情報について解説していきたいと思います。

画像

大人が歯列矯正を受けることのメリットは?

まずは、大人になってから歯列矯正を受けることのメリットについて解説します。

歯並びによるコンプレックスを解消できる

まずは、歯並びの悪さによって生じる「コンプレックスを解消できる」という点が大きなメリットになります。特に、前歯やその近くの歯に歯並びの悪さが存在していると、他人からも見られる位置の歯並びが悪いということになります。笑ったときなど油断した時に歯並びの悪さが他人に露呈してしまう、このことがコンプレックスとなり、人前で笑えなくなったり笑顔が不自然になったりと、さまざまなデメリットが生じ、矯正治療でこれを解消できるのです。

咀嚼や発音に関する障害を解消できる

次は「咀嚼や発音などの障害を解消できる」というポイントです。歯並びが悪いと見た目だけでなく、歯が関係する機能に異常が生じる可能性があります。矯正治療ではその点を考慮して、咀嚼や発音などの機能に生じている問題を解消できるような歯並びに改善することができます。

虫歯や歯周病のリスクを軽減できる

次は「虫歯や歯周病などのリスクを軽減できる」というポイントです。歯並びが悪いと、歯磨きが難しくなります。歯と歯の間に細かな隙間が生じやすくなり、ブラッシングが届きにくい部位が増えることになります。その部位には歯垢や歯石が溜まりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを高めます。歯列矯正によってその問題を解消することができれば、歯磨きの効率を高めることができます。

体全体の健康にもプラスに働く

さらに、歯並びを良くすることは「体全体の健康に良い影響をもたらす」というメリットもあります。歯列矯正は、歯やその周囲に好影響をもたらすことはイメージしやすいのですが、実は体全体にプラスの影響をもたらす可能性があります。

厳密に言えば、歯並びが悪いことによって「頭痛」「肩こり」「自律神経の乱れ」などをもたらしている可能性があり、歯列矯正によってそれらの問題を解消できる可能性があるということです。歯並びが悪いと頭蓋骨のバランスが崩れてしまい、そこから頭痛などのトラブルを引き起こしてしまうのです。歯並びを改善することで、体中で生じている問題を解消できるということです。

大人の歯列矯正に必要な期間は?

次に、大人の歯列矯正に必要な期間について解説します。

一般的な歯列矯正なら2~3年

まず、一般的な矯正器具を用いた矯正治療の場合は、2年~3年ほど時間がかかるケースが多いです。全体の歯を、上下それぞれ金属製の器具を用いて徐々に歯を動かしていく治療法であり、同級生や職場の人が装着しているのを見かけたことがある人も多いであろう矯正方法です。

時間こそかかるものの、最も信頼性の高い矯正方法で、さまざまな症例に適応する矯正方法です。ただし表側矯正は見た目が悪く、その解消のために「裏側矯正」を利用する場合は、治療に必要な期間が長引く可能性が高いです。

軽度のマウスピース矯正なら1~2年

次に、マウスピース矯正の場合は、相場としては1年~2年で治療が完了するケースが多いです。マウスピース矯正は通常のブラケット矯正と比較して軽度な歯列矯正で用いられることが多く、歯を大きく動かす必要がないので短期間で済むケースが多いです。

部分的に矯正する場合は3ヶ月~1年

次に、部分的に矯正治療を施す場合です。この場合は、短ければ3ヶ月程度、長くても1年で治療が完了することが多いです。主に前歯の矯正治療に用いられる方法であり、動かす歯の本数は少ないです。そのため、前歯の見た目を改善するのに適した方法ではあるのですが、全体のかみ合わせを整えるような矯正治療にはなりません。前歯の見た目も全体のかみ合わせも改善したいという場合は、上記のような全体の歯並びを改善する矯正治療を利用する必要があります。

セラミック矯正なら最短1ヶ月で完了

最後に、セラミック治療を利用する場合ですが、これは矯正治療の中では最短の1ヶ月での治療完了という早さです。ただし、セラミック矯正は厳密には矯正治療とは言えないかもしれません。

矯正治療となると、ブラケットやマウスピースを用いることで徐々に歯を動かしていく方法です。セラミック矯正は主に前歯に用いられるのですが、その方法は歯を削ってその上にセラミック製の被せ物を被せるという方法です。即効性が高い代わりに健康な歯を削らなければならず、歯の寿命を縮めることになります。

大人の歯列矯正の料金相場は?

次に、それぞれの方法でかかる費用について解説します。

通常のブラケット矯正の場合は80万円~100万円かかる

まず、通常の金属製のブラケット矯正の場合は、安ければ60万円~70万円で済むこともありますが、相場としては80万円~100万円程度かかることが多いです。治療期間が長く、その間1~2ヶ月に1回の頻度で通院が必要になるため、その費用も考慮するとどうしても治療費がかさむことになります。

裏側矯正の場合は120万円前後の費用がかかる

表側矯正と同じような器具を用いるのですが、裏側矯正の場合は100万円~150万円、相場として120万円前後の費用がかかることが多いです。表側矯正よりも費用相場が高く、さらに必要な通院の回数も多くなるため、その分だけ治療費の総額も増額することになります。

マウスピース矯正は種類により相場が異なる

次に、マウスピース矯正の治療費の相場ですが、これは利用するマウスピースの種類によって料金相場が異なります。40万円~50万円程度で済むマウスピース矯正もあれば、70万円~80万円ほどかかるマウスピース矯正も存在します。利用できるマウスピース矯正の種類は歯科医院ごとに異なりますので、事前にきちんと確認をしておくことをお勧めします。

部分矯正は15万円~40万円

次に部分矯正ですが、これは安ければ15万円程度、高額な場合でも40万円ほどで済むことが多いです。治療期間も短いのでメンテナンスのための通院回数も少なく、費用面・治療の違和感の面でも負担の少ない矯正治療と言えます。得られる効果は限定的なものではありますが、前歯という審美性が特に必要となる歯の矯正においてはコストパフォーマンスの良い矯正治療であるとも言えます。

セラミック矯正は1本あたり7万円~15万円かかる

最後にセラミック矯正ですが、これは矯正する歯の本数によって費用が異なります。歯科医院ごとに異なりますが、1本あたり7万円~15万円程度の料金設定でこれを利用することができます。治療中の通院の必要性も少ないので、その後のメンテナンスを考慮しなければ治療費をかなり安く抑えることも可能です。

結論:歯列矯正は時間もお金もかかるけれど、方法によっては早く、安く済むことも

大人の歯列矯正は、基本的に長期間で高額な医療費がかかる内容となります。しかし、部分矯正など一部の方法では安く、短期間で矯正を完了させることもできます。まずは、本格的な矯正開始の前の段階、カウンセリングにおいて担当医ときちんと話し合いをしておきましょう。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする