大人になってからの歯列矯正とは?費用や期間を徹底解説!

歯並びが悪いと、さまざまなデメリットやリスクを生じてしまいます。子供の頃から気になっていた不正咬合や、大人になってから顕著になった不正咬合を歯列矯正したいと思った時には、治療にかかる「費用」や「期間」がどれくらいになるか不安になると思います。そこで、大人の歯列矯正にかかる費用や期間について徹底解説します。

矯正画像

大人の歯列矯正の方法と費用

歯列矯正に必要な費用については、個々の症状による治療はありますが、基本的に「矯正方法」によって決まります。

ワイヤー矯正の費用

歯列矯正の中で最もオーソドックスな「ワイヤー矯正」では、60万円~150万円が費用相場となります。費用の幅が大きいのは「審美性を高めるかどうか」によって費用が異なるのと、歯科医院によって設定料金が異なるからです。

ワイヤー矯正は、主に金属製の器具とワイヤーを使用します。歯列矯正の代表とされる方法であり、矯正の中では比較的費用が安いのが特徴です。しかし金属製なので見た目が悪く、金属アレルギーの問題も生じます。

同じ方法でも、装着の方法や使用する器具の材質にこだわった方法があります。例えば「器具を歯の裏側(舌がある方で外から見えない)に装着する」「器具が歯の色に近い」という方法です。外から金属製の器具をつける通常のワイヤー矯正と比較して、外から見えない、あるいは目立たない金具を使用することによって、他人の目を気にしなくてよいというメリットがあります。しかし、費用は金属製のワイヤー矯正と比較して数割ほど多くなってしまいます。

マウスピース矯正の費用

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正とは異なり、透明なマウスピースを使用します。ワイヤー矯正のように器具を調整するのではなく、マウスピースごと交換することで歯を動かす調整を行います。

費用については、マウスピースの種類によって料金が異なります。日本でよく用いられているマウスピース矯正といえば「アソアライナー」と「インビザライン」の2つがあります。アソアライナーの料金は40万円前後ですが、インビザラインだと70~80万円かかることがあります。実際の治療費は症例次第で異なりますが、費用が高めのマウスピースとそうでないマウスピースがあるということは理解しておく必要があります。

部分矯正の費用

部分矯正は、主に前歯の矯正治療に用いられる方法です。一般的な歯列矯正は、かみ合わせの問題を解消するために全ての歯を動かし、全体の歯並びの調整をしますが、部分矯正は、文字通り歯並びの一部分だけを矯正して見た目の改善を行うことを目的としています。

全体の歯列矯正と比較すると部分的な矯正となるため費用も安く、治療期間も短時間です。症状次第ですが、安ければ10~20万円で治療が完了することもあります。部分矯正はさまざまな面において「気軽に利用しやすい歯列矯正」として、大人の歯列矯正ではよく利用される方法です。

歯列矯正の費用を抑えるためには?

ここまでで何十万や100万円を超える費用がかかるということを説明しています。こうした費用については必要なものであると理解できても「できれば少ない費用で済ませたい」と思うのは当然なことです。では、大人が歯列矯正をする場合、少しでも費用を抑えたいときにはどうすればよいのでしょうか?

まず「保険適用」についてです。通常、保険が適用されれば3割の自己負担で済みますが歯列矯正には、基本的に保険は適用されません。しかし、例外として「顎変形症であると診断された場合」と「厚生労働大臣が認めている先天性疾患であると診断された場合」のみ保険が適用されます。つまり、これらを原因としていない不正咬合の歯列矯正では、保険が適用されることはなく全額自己負担で治療を受けなければなりません。

次に「医療費控除」についてです。これは、年間の対象となる医療費の合計額を、その年の所得税の計算から差し引くという制度です。この制度の対象となる歯列矯正は「咀嚼障害もしくは発音障害のように、歯の機能として問題がある」と診断された場合と「子供の歯列矯正」の場合のみです。大人の歯列矯正では、歯の機能そのものに問題がある場合にのみ対象となり得ます。

つまり基本的に、限られた条件でない限り、全ての歯列矯正には保険も医療費控除制度も適用されないということです。そうなると、時には100万円を超える費用を全額自己負担しなければならないということになります。

少しでも費用を抑えるためには、第一に「審美性を求めない」ことです。ワイヤー矯正では、裏側矯正や審美ブラケットという目立たない矯正方法もありますが、これらは金属製のワイヤー矯正と比較して費用が高めです。費用を抑えるには、目立つけれど費用が安い金属製のワイヤー矯正を利用する必要があります。

マウスピース矯正を行うときには、「利便性を求めない」ことです。基本的に利便性の高い方法ほど費用が高くなる傾向にあります。「通院頻度が高い」とか「治療時の負担が大きい」といったデメリットがある治療法は、利便性の高いマウスピース矯正よりも費用を安く抑えることができるでしょう。

歯列矯正にはどれくらいの期間がかかる?

歯列矯正にかかる期間は、「全体の歯並びを改善する場合」と「(前歯だけなど)部分的に歯並びを改善する場合」で大きく異なります。

全体矯正にかかる期間

歯並び全体を矯正する場合、1年~数年かかることがほとんど。その間、矯正器具の装着と定期的な通院を必要とするため、負担はそれなりに大きくなります。ワイヤー矯正の場合、表側矯正よりも裏側矯正の方が治療に必要な期間が長引く傾向にあります。

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正よりも軽度の不正咬合に対して用いられることが多い方法です。そのため歯を動かす力はワイヤー矯正ほど高くないのですが、治療に必要な期間はワイヤー矯正と同じくらいです。ただし、マウスピース矯正のメリット「任意のタイミングで取り外し可能」という点が仇になる可能性があります。マウスピース矯正は装着している時間が短いと十分な効果を得られませんので、外している時間が多いと治療にかかる期間が長くなります。

部分矯正にかかる期間

部分矯正では、かかる期間は半年~1年程度です。部分矯正は前歯数本など矯正対象となる歯の本数が全体矯正と比較して少ないので、治療に必要な期間は少なくなります。出っ歯などをすぐにでも改善したい、という場合に用いられる方法です。

ただし、部分矯正は全体的なかみ合わせを改善できませんので、機能面や健康面で何か問題を抱えている場合にはおすすめできません。結局、部分矯正では改善できない部分を部分矯正後に治療したいとなれば、費用も期間も余計にかかる結果になります。本当に部分矯正でよいのかどうか、全体的な矯正でなくてはならないのかどうか、歯医者で診断をしてもらい歯科医ときちんと相談することが重要です。

矯正方法によって費用や期間が異なります

歯列矯正は、何度も歯医者に通院することと治療期間が相応に長いことにより、多くの費用と時間を必要とします。ですが、歯列矯正によって得られるメリットはそれ以上のものであると言えます。

とは言え、やはり「どれくらいお金がかかるのか」「治療完了までどれくらいかかるのか」ということは不安の種であることには変わりません。これは個人の歯並びの状態や、どのような治療を希望するのかによって変動します。そのため、まずは歯医者で相談してみてください。カウンセリングだけなら無料で引き受ける歯医者も少なくありませんので、自分の歯並びには問題がないか、矯正が必要な場合にはどの方法で矯正するのがよいのか、それにはどれだけのコストが必要なのかを教えてもらってください。

こちらもチェック!!

歯並びを改善する矯正治療には、その症例ごとに利用できるものは異なりますが数多くの方法が開発され、実際に医療現場において利用さ...

私達が食事において特に必要とする「歯」には、「歯並び」という要素が存在します。歯並びには、人それぞれに違いがあり、場合によっ...

「歯列矯正」と聞くと、多くの人が「子供の時に歯並びを治す方法」というイメージを持つかと思います。実際、成長途中の段階にある子...
シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする