前歯の部分矯正とは?気になる治療費用もご紹介!

歯科矯正と聞くと、ワイヤーやマウスピースを使って歯並び全体を動かす治療をイメージする人が多いと思います。ですが、歯科矯正の中には「一部の歯だけを動かす」という特徴の「部分矯正」という方法もあります。今回は、部分矯正を用いることが多い「前歯の部分矯正」について解説します。

画像

前歯の部分矯正の基本情報

一般的な歯科矯正は、全体の歯を動かして歯並びや不正咬合を改善します。しかし、解消したい歯並びの問題が「前歯だけ」の場合は、前歯だけを動かしてその問題を解消することを選べます。

部分矯正とは?

部分矯正とは、歯並びが気になる部分だけ矯正治療を行う方法です。主に、歯の見た目を大きく左右する「前歯」の矯正治療に用いられることが多い矯正方法です。矯正したい部分が限定的であるため、用いる矯正器具も全体矯正より規模が小さいことが特徴です。

前歯を部分矯正するメリットは?

笑ったりしゃべったりする時に口元で一番目につくのは前歯です。よほど大口を開けて笑わない限り、奥歯の歯並びが悪くても他人は気づきにくいものです。しかし、前歯の歯並びに問題があると見た目に大きく関わります。部分矯正で前歯の歯並びを治療することは、そんな見た目の問題を解消するのに役立つのです。

「見た目が悪い(と思われること)」ということは、コンプレックスを抱える大きな原因となります。笑った時に歯を見られるのが怖いと思ってしまうと、笑顔が不自然になったり、他人の前で笑わなくなったりして、人間関係にも影響を及ぼす可能性があります。最終的には、他人の前に出ること自体を避けるようになってしまい、仕事や日常生活に重大な悪影響を及ぼす場合もあります。

前歯の歯並びを矯正して見た目を改善することで、コンプレックスを解消できます。また、部分矯正という方法自体のメリットは「費用が安い」「治療期間が短い」といった点です。全体矯正ほど大掛かりな矯正治療にならないため、歯並びが気になる部分だけ集中的に矯正することができます。そのため治療期間は最小限で済み、矯正器具の費用や通院費用なども全体矯正より安く抑えることが可能です。

矯正器具が小さいことにより、全体矯正よりも器具装着の違和感や痛みが少ないこともメリットの一つです。治療期間が短くて済むことが多いことも合わせて、「長期間の器具装着による痛みや違和感等」が少ないことは、利用のハードルを下げる要因になるでしょう。

前歯の部分矯正ではどのような治療方法がある?

前歯の部分矯正は、全体矯正と同じようにさまざまな治療法から選択できます。一般的な矯正方法であるワイヤー矯正と裏側矯正、マウスピース矯正を利用します。また、ワイヤー矯正と組み合わせることが基本となりますが、セラミック製の被せ物やインプラント治療を利用する場合もあります。

前歯の部分矯正にかかる費用

前歯の部分矯正も全体矯正と同様、選択する治療法によって費用や治療期間が異なります。ただし、全体的に見ると全体矯正より安い費用で治療が完了することが多いでしょう。

例えばワイヤーを用いた表側矯正で前歯を部分矯正する場合、全体矯正が80万円前後の費用がかかることが多いのに対して、部分矯正は30万円~50万円程度が相場となっています。ただしこれは審美性の低い金属製の器具を用いた場合の費用で、審美性の高いセラミック製の器具を用いる場合は10万円~20万円ほど費用がかさみます。前歯の部分矯正であれば、半年~1年ほどで矯正が完了します。

同じくワイヤーと金属製の器具を用いる裏側矯正の場合では、表側の部分矯正より10万円高い40万円~60万円の費用がかかります。また、治療期間も部分矯正の中では長期間となり、長ければ矯正治療完了まで2年ほどかかるケースもあります(裏側から全体矯正をする場合、長ければ3年かかることもあるのに比べれると短い方です)。

マウスピースを用いて行う前歯の部分矯正では、費用相場は30万円~40万円です。マウスピースは透明であるため審美性が高く、患者さん自身で取り外し可能なので器具のメンテナンスと歯のケアをしやすい矯正法です。ただし、前歯の凹凸の程度が軽い場合やすきっ歯の改善など、利用できる症状がワイヤー矯正よりも限定されます。治療期間は症状やマウスピースを装着している時間にもよりますが、1年前後で完了することが多いでしょう。

セラミック矯正の場合、被せ物をする歯1本につき7万円~15万円かかります。通常の部分矯正を併用する場合は、これにワイヤー矯正の費用が加算されます。

部分矯正のデメリット

全体矯正と比べて費用が安く、治療期間も短くて済む部分矯正は、前歯の見た目にコンプレックスを抱いている人にとってメリットが多い方法であると思われるかもしれません。しかし、部分矯正は良いことばかりというわけでは無いのです。デメリットについても十分に理解しておく必要があります。

全体的なかみ合わせは改善できない

部分矯正は「全体的なかみ合わせ」を改善するのは難しい矯正方法です。部分矯正は前歯を動かしてその見た目の悪さを改善するには良い方法ですが、これだけでは全体から見たかみ合わせの問題は解消できません。

歯並びが悪さから、かみ合わせが悪くなり、咀嚼や発音に問題を抱えることがあります。また、口の中のバランスが悪くなることで頭痛や肩こりなどの症状を引き起こす可能性もあります。かみ合わせによる問題は、前歯を部分矯正するだけでは解消することができません。

全体矯正には歯のバランスを見て矯正を行うため、かみ合わせを整えやすいのですが、前歯のみの部分矯正の場合は前歯以外の歯に対する直接のアプローチがありません。逆に、前歯だけを動かそうとしたことで全体のバランスが崩れたり、他の歯に負担が生じる結果になるケースもあります。

歯を削る必要がある

歯並びを改善する際には、「動かす歯を収めるためのスペース」を確保する必要があります。例えば出ている歯の歯並びを整えるには、前突している前歯を後方に押し込むための隙間を用意しなければなりません。そうしないと他の歯と押し合いになってしまい、他の歯が傷ついたり、歯の根に負担をかける可能性が高くなったりします。また、セラミック製の被せ物を利用する場合も、歯を削らなければなりません。

全体の歯を動かす場合には、それによって十分なスペースを確保できる場合があり、歯を削る場合でも最小限の量だけ削ればそれで済むことがほとんどです。しかし部分矯正の場合、十分なスペースを確保できないことも少なくなく、全体矯正と比較して歯を削らなければならない量が多くなる可能性があります。歯を削ることは「歯の寿命を削る」ことにも等しく、歯の健康を損なう恐れがあります。

費用面や期間でメリットが大きい部分矯正のデメリットも十分に理解を

矯正治療は高額な費用がかかることが一般的ですから、できるだけ安く済ませたいものです。また、前歯の見た目が悪いことにコンプレックスを抱いている人は、それを出来る限り早く解消したいと考えるでしょう。費用が比較的安くて治療期間も短い部分矯正は、それらのニーズに応える矯正法であると言えます。

しかし、部分矯正にも限界があるということは理解しなければなりません。かみ合わせの改善ができないなど機能面における問題を抱える方法であることを理解しなければ、不満を残すことになるでしょう。そうした点については治療前のカウンセリングの時点で歯科医師から説明がありますので、それを聞いて本当に部分矯正で済ませて良いのかどうかきちんと判断してください。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする