子供の歯の生え始めの時期や特徴は?大人が注意したいポイント3つ

人の成長には個人差がありますが、ひょっとしたら見落としがちな特徴に何か問題が隠れている可能性も考えられます。小さなお子さんはそれをうまく言葉にできませんから、親御さんが気を配る必要があります。歯の生え方から何かの異常がわかるかもしれません。そこで、お子さんの乳歯が生え始めの時期や特徴について解説します。

画像

いつごろ?乳歯の生え始め

まずは、子供の歯である乳歯の生え始めるタイミングについて解説します。

乳歯の生え始め 目安は生後6ヶ月

子供の歯、その最初の乳歯が生えるタイミングは生後6ヶ月頃。早ければ生後3ヶ月頃に生える子もいますが、9ヶ月頃まで最初の乳歯が出てこない子もいます。また、まれに生まれた時にすでに、前歯が歯ぐきから出ていることもあります。

最初に出てくるのは前歯で、たいていは「下の前歯」です。乳歯は「前歯から奥歯」という順に生えるのが基本で、前歯よりも先に奥歯が生えることはほとんどありません。

この頃になると、赤ちゃんの「よだれ」の量が増加するという特徴があります。これは「離乳食を食べるための準備」なのですが、赤ちゃんは口を閉じてものを飲み込むことはできません。そのため、よだれの量が急増します。急にお子さんのよだれが増えたと思ったら「そろそろ歯が生えてくるな」と考えて、見守ってあげてください。

乳歯が生え揃うのはだいたい2歳半

最初の乳歯が生えるのが平均して生後6ヶ月頃、そして生え揃うのは2歳半頃です。ただし、これはあくまでも平均で、3歳を超えてから乳歯が生え揃うことも珍しくありません。2歳半で乳歯が生え揃っていなくてもそれほど気にする必要はないでしょう。

前述の通り、最初に生えるのは前歯です。たいていは下の前歯から生えて数ヶ月後に上の前歯が生えるのですが、上の前歯から生える赤ちゃんもいます。前歯が生えたあと数ヶ月の間に、上下の歯がそれぞれ4本ずつになるまで生えてきます。

1歳を超える頃になると、次は「奥歯」が生えてきます。平均すると2歳になるまでには第一乳臼歯が生えます。次に、生えるのは「犬歯」です。最後に、2歳半を平均として第二乳臼歯が生えます。

個人差がある生え始め・生え方

上記で説明した乳歯が生える「時期」や「順番」は、どうしても個人差が生じることは避けられません。生え方には個人差があるため、平均より早かったり遅い時期に乳歯が生えたり順番通りに生えないことも少なくありません。

よほど普通とは異なる生え方をしていれば問題ですが、多少順番が前後する程度でしたら想定の範囲内であると考えて問題ないでしょう。どうしても気になる場合や、お子さんが歯について気になる反応を示す場合は、歯医者で診てもらうのが良いでしょう。

歯医者で診てもらう必要は?

前述の通り、乳歯が生える時期や順番には当然「個人差」があります。セオリー通りの生え方ではなかったとしても多少の誤差は十分に考えられます。では、歯医者でお子さんの歯の状態を診てもらう必要性はどれくらいあるのでしょうか。

結論から言えば、乳歯が生え始めた頃~1歳になるまで」には、一度は歯医者で診てもらうことをおすすめします。歯医者は「虫歯になってから」「歯や歯茎に異常を感じてから」行くという印象が日本では強いのですが、トラブルが起こる前の段階で歯医者を受診することが望ましいでしょう。

乳歯は、永久歯よりもエナメル質が薄く、虫歯にかかりやすいのです。そのため、生え始めのできるだけ早い段階で歯医者に診てもらい、問題がないか、正しいケアができているかをチェックしてもらうことに意味があります。

第二に「生え方に問題がないか確認する」ことです。生え方に個人差があるとは言え、先ほど説明した通りとは大きく異る順序で乳歯が生えた場合は将来的に歯並びを大幅に悪化させる可能性があります。処置が遅くなるほどに治療の選択肢が狭まり、治療費や負担が増加することになります。

必ずしも歯医者で診てもらわなければならないというわけではありませんが、「備えあれば憂いなし」と言います。お子さんの歯の健康的な成長を願うのであれば、一度は歯医者で診てもらうべきだと言えます。問題がなければ杞憂に終わったと思い、何か問題があれば早期発見ができたと思うべきです。

逆に、早めに歯医者で診てもらうべきケースとしては、「1歳3ヶ月になっても歯が生えてこない」、「生まれた時既に、または早めに歯が生えた場合」、「歯の形や色がおかしい場合」が挙げられます。明らかに他の子とは異なる歯の生え方をしていると思った時には、早めに歯医者で診てもらってください。

乳歯が生える頃にはこんなことに注意!

乳歯が生える頃には、親御さんとしてはいくつか注意しなければならないポイントがあります。

むずむずするので夜泣きに注意

乳歯が生え始める頃、つまり生後6ヶ月前後になったら「夜泣き」に注意してください。夜泣きの原因はさまざまですが、赤ちゃんがこれまでと違う様子で夜泣きを起こしたら、それは乳歯の生え始める時期だからかもしれません。

なぜ夜泣きが起こるかと言えば、乳歯が生える頃になると「むずむず」するのです。大人でも不快に感じるむず痒さ、生後間もない赤ちゃんとなればその不快感は泣き出すことで表現します。昼間はもちろん、特に困りものなのが夜泣きです。もちろん他の原因で夜泣きを起こしている可能性はありますが、はっきりした原因が他に無ければ、乳歯の生え始めによるむず痒さが原因となっていることもあります。

乳歯のケアも重要

乳歯は、体が成長すると「永久歯」に生え変わります。つまり、乳歯はそれまでの仮の歯、これに何か問題が生じても大きなトラブルにはならないと考える人は少なくありません。しかし、乳歯もまた念入りなケアが必要な存在であることには変わりません。

乳歯の時期に発生した虫歯は、永久歯だけでなく将来的な歯並びにも悪影響を及ぼす可能性があります。先ほども説明したとおり乳歯は永久歯よりも虫歯に対して弱いため、そのリスクは高まります。乳歯だからケアは不要なのではなく、乳歯だからこそきちんとケアしなければならないのです。

もう一つの問題としては「子供は大人ほど歯のケアの重要性を知らない」ということです。歯の健康を損なうことの危険性を子供本人が自覚できないため、自分でケアするという危機管理ができません。では誰が子供の歯をケアするのかと言えば、それは親御さんです。

大人がすべきケアは、お子さんの成長のタイミングによって適切なケア方法が異なります。例えば離乳食に入ったころにはガーゼで汚れを拭き取る、離乳食が進み、しっかりと噛むことができるようになったら赤ちゃん用の歯ブラシで、成長に伴い歯ブラシも子供用に、というのが一般的な流れです。磨き残しを減らすためにも、子供用のデンタルフロスを併用したいところです。

生え始めには一度、歯医者で診てもらうのがベスト

結局のところ「個人差」も大きく、乳歯が生える時期や順番が前後してもお子さんの健康に大きなリスクを与えることはほとんどありません。しかし素人判断が危険であるということも事実であり、仮に見た目に異常が見つからなくても本当は何か問題を抱えているということもあり得ます。

神経質になることは良くないのですが、やはり乳歯が生えた段階で歯医者で診てもらうのがベスト。問題がなければ安心できますし、早くから歯医者とのつながりを持っておけばいざという時に便利です。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする