【徹底解説】歯医者の麻酔が効いてるときに食事がダメな理由は?

歯医者で治療を受ける際、治療内容によっては「麻酔」を用いることがあります。この時、治療後に担当歯科医から「◯時間は食事をしないようにしてください」と注意されると思います。ですが、人は空腹を感じれば何かを食べたいと思うものです。

そこでこの記事では、麻酔を用いた歯科治療後に食事が禁止されている理由について解説したいと思います。

画像

麻酔後の食事は「ケガ」のリスクが高い

麻酔を用いた治療の後に食事をすることが禁止されている理由は「怪我をするリスクが高い」ことにあります。麻酔により治療中の痛みを感じずに済みますが、その効果が切れるまでは食事の際のケガによる痛みも感じません。「痛くない」ことはメリットのように思えますが、「痛みを感じない」ことはメリットばかりではないのです。

熱い食べ物で火傷する

食事の中には、加熱調理後すぐに食べることも少なくありません。しかし、高温の食べ物を食べると「火傷」のリスクがあります。熱いラーメン、熱いスープ、焼きたてのお肉など、高温で美味しい食べ物は数多く存在します。

問題なのは「麻酔の影響で熱さを感じないこと」です。通常、人間は熱いものに触れると反射的にそれを回避しようとします。受けた影響も最小限に抑えることができ、すぐに冷却することで火傷が重症化するのを防げます。食事においても同じことです。

ですが、麻酔の影響が残っている状態では熱い食べ物が口の中に入っても痛みを感じません。その結果、火傷をするような温度の食べ物を続けて口に入れてしまい、火傷が重症化しやすくなります。麻酔の影響が切れた頃になってようやく「火傷した」ということに気がつくのです。

口腔内を傷つけて口内炎になりやすい

食事は歯を使って咀嚼することで食べ物を消化しやすくします。歯の強度は、肉を噛みちぎるのに相応の強度を持ちます。ですが、それが原因で自分自身を傷つけてしまうこともあります。具体的には頬の内側を噛んでしまい、口内炎を引き起こすということです。

誰しも一度は経験したことがあると思います。食事で咀嚼した時に奥歯やそれに近い場所の歯が頬を傷つけてしまい、そこが口内炎になって数日痛みが継続するということです。麻酔が効いている状態では頬の内側を傷つけても、すぐには痛みを感じません。そのため、すぐに対処できないばかりか同じ箇所を何度も傷つけてしまうリスクが高まります。

当然ながら、そんなことが起これば頬の内側の損傷は大きくなります。気がついた時にはひどく傷つき、場合によっては重度の口内炎を引き起こす可能性もあります。

唇を噛むリスクも高い

さらに言えば、「唇を噛む」というリスクも考慮しなければなりません。咀嚼による影響は、麻酔使用時には唇まで及ぶのです。仮に麻酔そのものによる影響がなくても、麻酔の影響による副次的な被害が及ぶリスクまでは避けられません。

麻酔は、痛みだけでなく通常の感覚の大部分をも奪ってしまいます。歯科治療における麻酔の影響によって、いつものような感覚で咀嚼することができません。感覚が鈍っている影響で思ったように口や顎を動かせず、そのため唇を噛んでしまう可能性もあるのです。唇から出血し、大きく腫れ上がってしまうことでしょう。

厄介なのは、唇の痛覚が麻酔の影響を受けている場合です。痛覚が残っていれば痛さを感じ、すぐに応急処置が可能です。また、それによって「今は麻酔の影響で唇が傷つくおそれがある」ということを身をもって知ることができ、それを警戒することができます。唇の痛覚が鈍っているとそれが叶わず、何度も唇を傷つけてしまう可能性があるのです。

子供の場合は特に注意が必要

上記のような麻酔のリスクは、大人であれば事前に知識を得ることである程度は回避できます。しかし麻酔を伴う歯科治療を受けたのが子供の場合には、そう簡単な話ではなくなってしまうのです。

大人の場合は「こういうリスクがあるのか、それならば気を付けておかないといけないな」となります。しかし子供の場合は、実際に痛みを経験しないと理解できない可能性が高いでしょう。ですが麻酔の影響で怪我をしてもすぐには感知できないので、麻酔が切れた頃には既にかなりのダメージを負っているという事例も少なくありません。

一般的に子供が麻酔を用いた治療を受ける場合、大人よりも早く麻酔が切れます。これは使用する麻酔の量が大人より少ないことに由来しますが、場合によっては半日ほど麻酔によるしびれなどの影響を受けるケースもあります。

さらに、子供の場合は大人ほど空腹を我慢できないことが多いものです。その結果、親の目を盗んで食卓や冷蔵庫の食べ物を食べてしまう可能性が高くなります。麻酔が切れる前に食事をされてしまうと、上記のようなケガのリスクに脅かされることになります。

大人よりも麻酔による影響を自分で管理することが難しく、その対処も自分ひとりでは難しいという点が厄介なのです。子供には十分に言い聞かせた上で、親がしっかりと注意を向けておかなければなりません。

麻酔を用いた治療後に食事する時に注意すべきポイントは?

歯医者で麻酔を伴う治療の後は、食事を一定の時間、避けなければならないということは理解できたと思います。ですが、食事は生理的欲求に直結するため我慢には限界があります。麻酔を用いた治療後に食事をとりたい場合に注意しなければならないポイントについて解説します。

出来る限り時間を置く

基本となるのは「麻酔を用いた治療後、出来る限り時間を置いてから食事する」ということです。麻酔の影響は短ければ1時間程度、長くても6時間程度で解消されます。ただし場合によっては半日ほど麻酔の影響下におかれる可能性もありますので、注意は必要です。

おそらく麻酔を用いた治療後に食事を避けなければならない時間について、ある程度の目安は担当歯科医から指示があると思います。最低でもその時間は置いて食事をすれば、比較的安全に食事を楽しむことができると思います。可能であれば、目安の時間にプラスして少しでも時間を置いておけばさらに安心できます。

噛まなくても良い食べ物を中心に摂取する

基本的に歯科医の指示があった時間内の食事は危険なのですが、その間に空腹を感じることは避けられない場合もあります。また、子供の場合には大人ほど空腹を我慢することは難しいでしょう。無理に我慢するよりも「麻酔の影響が残っている状態でも安心して食べられる食事」を用意することのほうが現実的かつ安全な方法であると言えます。

具体的には「咀嚼の必要性がない食べ物」を食べることです。例えば「おかゆ」「柔らかく煮込んだ野菜」「ゼリー飲料」などです。ほとんどか噛まなくても良い食べ物や飲み物であれば、咀嚼によるケガなどは最小限に抑えられます。

例えば、麻酔の影響が完全に切れるであろう時間が夕食であるとして、その前に小腹がすいてしまった時にゼリー飲料を用意しておけば時間稼ぎは難しくありません。麻酔の影響が夕食の時間まで及ぶのであれば、柔らかくてほとんど噛まなくて良いもので済ませることも必要になるでしょう。

食事は麻酔が切れてから

感覚が無い状態で食事をすることは、思っている以上に危険なことです。余計なトラブルを起こすと、治療にかかる手間も増加してしまいます。歯科治療で麻酔を使用した場合は、麻酔が切れて口の中の感覚が戻るまでは食事を控えてください。麻酔を受けたのがお子さんの場合は、出来る限り側で様子を見てケガをさせないように注意してあげてください。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする