重曹で歯磨き?知っておきたい重曹の効果と注意点とは

重曹歯磨きって知っていますか?重曹で歯磨きをすると、歯が白くなるという噂があります。この噂は本当なのでしょうか?今回は、歯磨きにどうやって重曹を使うのか、またどんなリスクがあるのかについて、詳しくご紹介したいと思います。

歯磨きに重曹を使う効果と方法

家庭内の掃除に重曹を使うことが注目されていますが、歯磨きにも重曹を使えるのでしょうか。またその方法はどんな方法なのでしょうか。その効果についても見ていきます。

重曹で歯磨きできる?

重曹というと汚れ落としというイメージですが、歯磨きにも使えるのです。歯を磨くときに食用または薬用の重曹を歯磨き粉の代わりに使います。重曹には掃除用または工業用の重曹もありますが、精製されていないので、歯磨きには使えません。ドラッグストアなどでも購入できるため、とても手軽にはじめられます。

重曹歯磨きの効果は?

歯が黄ばんだりするのは、食品などによる着色汚れがついていることが原因。重曹の研磨作用を利用し、重曹の粒子で歯の着色汚れをこすり落として、元通りの白い歯にすることができると考えられています。

重曹を使って歯を磨く方法とは?

重曹歯磨きの方法は重曹の粉末をそのまま歯ブラシに付ける、または水と混ぜ合わせて歯磨き粉のようなペースト状にしてから使う方法があります。人によっては水ではなく、グリセリンやハッカ油などを利用している方も少なくありません。

重曹を使う場合は、歯磨き粉を使用するときと同様に優しく行うようにしましょう。あまり力を入れてごしごしとこすってしまうと、歯の表面のエナメル質を傷つける恐れがあります。エナメル質が傷ついてしまうと、知覚過敏や虫歯の原因になるのでゆっくりとこするようにしましょう。ただ、それ以外は市販の歯磨き粉を使ったいつも通りの歯磨きと同じようにブラッシングするだけです。

重曹とはどのような物質か?

最近では掃除に使われるなど、身近になってきていますが、そもそも、重曹というのはどのような物質で、どんな性質なのかについてみていきましょう。

人体に害はない物質

重曹とは、正式名称を炭酸水素ナトリウムといいます。自然界に存在する物質の一つであり、人工的に生み出されたものではありません。体内に取り込んでも害となることがなく、そのまま排水溝に流したとしても、他の生態系に悪影響を及ぼす心配はありません。

重曹の特徴

重曹のもっとも大きな特徴は、研磨性です。汚れを良く落とす効果があり、洗剤などにも配合されています。また、弱アルカリ性の性質を持っていることから、酸性の物質を中和させる効果や、脂汚れ、悪臭に強い効果があるとされています。その他にも、硬水を軟水化したり、汚れを浮かせたりする物質です。

重曹で歯のホワイトニングは可能?

重曹に、歯のホワイトニング効果はほとんどありません。重曹で歯磨きすると、歯に付着していたコーヒーや茶渋などの着色汚れが落ちることはありますが、歯の色は変わりません。歯が白くなったように感じるのは汚れが落ちたためで、歯の色が白くなったわけではないのです。

重曹で歯磨きに伴う危険性

重曹は食用または薬用ならば、人体に無害な物質ですが、歯磨きに使用することで発生する危険性やリスクがあります。それぞれについて、詳しく確認していきましょう。

エナメル質が傷つく

重曹はキッチンや浴室などの掃除に利用されるほど、高い研磨効果が特徴です。そのため、歯磨きに使用することで、歯の表面のエナメル質を傷をつける恐れがあります。エナメル質が削られてしまうと、余計に着色汚れが付きやすくなるだけではなく、虫歯やや知覚過敏になる恐れがあるでしょう。

歯茎や舌へのダメージも

重曹の研磨作用によって、歯肉や粘膜、舌にもダメージを与える恐れがあります。不快感や食事の際に痛みを感じることもあるでしょう。わずかな傷であれば、1週間から2週間で改善されるものの、ダメージが大きい場合には医師に相談をする必要があります。

口腔内バランスの崩れ

口の中には、有害な菌だけではなく、無害な菌や人体によい効果をもたらす細菌が住み着いています。重曹には殺菌効果が期待できることから、身体に悪い菌を減らしてくれる効果が期待できます。しかし、あまりにやりすぎてしまうと、必要な菌まで殺菌してしまう恐れがあります。口腔内の細菌バランスを崩さないためにも、頻繁に行わない方がいいでしょう。

塩分の過剰摂取

重曹には、ナトリウムつまり塩分が多く含まれています。重曹をくり返し口の中に入れることで、塩分の過剰摂取になる恐れがあります。塩分を多くとりすぎると、内臓に大きなダメージを与えます。重曹歯磨きをするようになってから、体調が悪くなった場合は、すぐに中止して医師に相談してください。

歯石がつきやすくなる

重曹はアルカリ性のため、重曹を使って歯磨きをすると、口腔内がアルカリ性に傾きます。口の中はアルカリ性になると、虫歯菌は繁殖しにくくなりますが、歯石はつきやすくなります。歯石がつくと、歯磨きで除去をすることはできませんので、歯医者に相談をする必要があるでしょう。

重曹を使う頻度を考慮して

重曹で歯の着色汚れを落とすことが可能です。しかし、前述したようにエナメル質を必要以上に傷つけたり、口腔内の細菌バランスをを崩したりするので、頻繁に行うと歯や身体の健康を害する恐れがあります。

それでも重曹を使いたいならば、毎日を行うのではなく、頻度を抑えながら重曹歯磨きをするようにしましょう。また、歯科治療中は、歯の状態が不安定になっていることがあります。そのため、歯科治療中は歯磨きに重曹を使わない方がいいですね。

ホワイトニングは歯医者で!

歯を白くしたいなら、費用は掛かりますがホワイトニングがおすすめです。ここでは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングについてご紹介します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行う施術で歯を白くします。1回の施術でホワイトニングが完了するという特徴があります。歯科医師しか使用することができない薬剤を用いて歯をホワイトニングしていきます。忙しくて時間が取れない人や、短期間で白い歯を手に入れたいという人におすすめの施術法です。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、文字通り自宅で行うホワイトニングです。歯科医院で、ホワイトニング用のマウスピースと薬剤を処方してもらい、自宅で空いている時間にホワイトニングをします。手間はかかりませんので、テレビを見ながら手軽にホワイトニングをすることができるでしょう。

また、マウスピースは一度作成すれば何度でも利用できますので、2回目以降は薬剤を処方してもらうだけでホワイトニングを続けられます。オフィスホワイトニングに比べると低コストで、時間はかかりますが色戻りがしにくいというメリットがあります。オフィスホワイトニングをした後に、ホームホワイトニングで白さを維持している方もいます。

重曹歯磨きは効果よりもリスクの方が大きい

重曹を使った歯磨きは、研磨作用を利用して汚れを除去します。しかし、使い方を誤れば、エナメル質を削ってしまい、歯を痛めてしまったり、口内環境を変えてしまうというリスクがあります。そのため重曹歯磨きを頻繁にするのは避けたほうがよいでしょう。歯を白くしたい場合は、費用は掛かるものの、リスクが少ないホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする