歯磨きはいつやるべき?”食事30分後”に歯磨きの信憑性とは?

画像

ほとんどの人が毎日歯磨きをしています。習慣になっているので、特に意識して磨いていないことが多いかもしれません。子どもの頃は歯磨きの授業がありましたよね。口に含むと磨き残しの部分が赤く染まる染め出し剤を使って確認していました。大人になると歯磨きのしかたを見直す機会はほとんどありません。

磨き残しも気になりますが、みなさんが歯磨きするタイミングはどうでしょうか?朝起きてすぐに磨く、朝食後に初めて磨く、朝食は摂らないので歯を磨くのは寝る前だけなんて人もいるかもしれません。

昔は食後すぐに歯磨きするのが一般的でしたが、最近は食後30分は歯を磨いてはいけないという説もあります。どちらが正しいのでしょうか?

今回は、食後30分の歯磨きについて詳しく紹介いたします。

なんで食後30分は歯磨きしたらだめなの?

食後30分はなぜ歯を磨いてはいけないのでしょうか。

歯磨きはいつしたらいいの?

食後30分は歯を磨いてはいけないという説は、マスコミで取り上げられたことで広まっている内容です。食後すぐに歯を磨くと、歯が溶けてしまうといった内容です。

それは、アメリカの歯科団体が発表したもので、歯の象牙質を炭酸飲料に浸した後、口の中に戻し歯磨きを開始する時間で酸の浸透を調べたものです。食後30分以内に歯みがきすると、歯にダメージを与えるという結果でした。歯磨きによって、酸によって溶かされた歯の表面を覆っているエナメル質が削られてしまい、中の象牙質が見えてくるようになるといった内容です。

これは、酸蝕症という病気です。酸蝕症になると、冷たい水などを飲むと歯がしみるようになります。また、歯の色が黄色くなる、前歯の先が欠けてしまう、歯が細くなる、歯が薄くなるなどの症状が出てきます。

そこで気になるのが歯磨きのタイミングです!

酸蝕症はもちろん恐い病気ですが、歯には虫歯や歯周病といった病気もあります。歯磨きをする目的は、歯垢を取り除くことです。ですので、食後すぐに歯磨きを行ってください!

歯垢はプラークともいい、生きた細菌がかたまってできたものです。プラークを放置していると、虫歯や歯周病の原因になってしまうのです。どんなに綺麗に歯磨きできたと思っても、歯と歯ぐきの境目などを舌で触ってみてください。ザラザラとしているならば歯垢がたまっている証拠です。

酸蝕症ってなに?

酸蝕症とは簡単に言うと歯が酸性の飲食物などに溶かされる病気です。酸性の飲食物にはレモンなどの柑橘類や炭酸飲料、スポーツドリングが挙げられます。

虫歯や歯周病と異なるところは、酸蝕症は細菌とは関係ないことです。虫歯や歯周病は、飲食物の糖分が口の中の細菌によって変化して歯を溶かします。酸蝕症の場合は、酸の多い飲食物で直接歯が溶けてしまうのです。

例えば、レモンや梅干しを食べた時に、歯がきしむことがあります。これは、歯の表面のエナメル質が溶けてすりガラスの様になっている状態なのです。エナメル質は体の中で一番硬い組織と言われていますが、残念ながら酸には弱いのです。

しかし、いつまでもきしんでいるわけではなく、時間が経つと元に戻ります。それはだ液の力で中和されるからです。この中和される時間がおよそ食後30分なのです。ですので、食後30分以内に歯を磨いたら酸蝕症になるといわれているのです。その他の原因としては、職業性のものや胃酸の逆流もあります。

酸蝕症はどうやって防いだらいいの?

酸蝕症の予防には、酸性が強い飲食物を控えることが大切です。特に酸性の強い飲食物は、レモン、グレープフルーツ、炭酸飲料、栄養ドリンク、酎ハイ、ワイン、フレンチドレッシングなどです。控えるといっても、絶対に飲食してはいけないわけではありません。

これらの酸性の食品を摂った時には、お茶や水で口をすすぐのがおすすめです。お茶や水は中性の飲み物のため中和されるのです。牛乳でうがいするのも良い方法です。酸性の飲み物をストローで飲む方法もあります。酸性の飲食物は意外と多いので、ダラダラと飲食しないようにします。口の中が酸性になっている時間をなるべく短くするように、素早く飲食することを心がけてください。

また、日ごろからよく噛むことでだ液を出すことも大切です。デンタルガムなどを噛むと、だ液をよく分泌できるようになるのでおすすめです。歯が一度溶けてしまっても、だ液によって溶けた歯の表面を修復してくれるからです。

歯の修復のために、フッ素入りの歯磨き剤や洗口液を使うのもおすすめの方法です。

歯磨きは1日何回がいいの?

人によって歯磨きをする回数は違います。朝起きた時と毎食後の1日4回の人や1日2回という人もいます。歯磨きは1日何回するのがいいのでしょうか。

正しい歯磨きの回数

歯磨きは最低でも1日2回は行う必要があります。通常であれば、朝と夜の2回です。歯磨きの回数よりも、そのうちの1回は磨き残しがないように丁寧な歯磨きを心がけてください。回数より歯磨きの質が大切だといえるのです。なんとなく磨いているような歯磨きを複数回するよりかは、意識してしっかり磨いた1回の方が効果があるといえるのです。

特に寝る前には念入りな歯磨きが必要になります。なぜならば、寝ている間はだ液が減るので、口の中の細菌が増えやすくなるからです。しっかりと歯磨きして安心して眠りたいですよね。

自分に合った歯ブラシの選び方

自分に合った歯ブラシを見つけるには、自分で磨きやすいものが一番です。目安でいうならば、ブラシの部分の大きさが、歯2本分くらいがちょうど良い大きさです。ブラシの部分が大きすぎると、細かなブラッシングができないため、磨き残しができてしまいます。

歯ブラシには「かため」「やわらかめ」「ふつう」があります。磨くときに力を入れてしまう人や、歯ぐきから出血してしまう人は「やわらかめ」を選ぶと歯や歯ぐきに負担をかけることなく磨けます。

とはいっても、歯ブラシで頑張って落とせる歯垢は60%と言われています。歯と歯や、歯ぐきとの間には、歯間ブラシやデンタルフロスと使うとより歯垢を落とす事ができるのです。日本ではまだまだ使っている人は少ないですが、歯間ブラシやデンタルフロスを使うことで、歯磨きの効果がとても高まるのです。是非活用したいですね。

歯の定期健診は必要?

日本では痛くなったら行くのが歯科医院ですが、アメリカでは歯の定期検診をしっかりと受けて、予防を重視しています。そのため、80歳になっても自分の歯を残している人が多いのです。日本では80歳で残っている自分の歯は9本ですが、アメリカでは17本も残っているのです。そのためには歯の定期検診は欠かせないといえるのです。

では歯の定期健診はどんなことをするのでしょうか?まずは虫歯が無いかのチェックです。歯と歯の間の虫歯は自分ではなかなか発見できませんよね。歯ぐきのチェックもしてもらえます。歯の周りにある歯周ポケットが深くなると歯周病になってしまいますので、歯周ポケットの深さを確認してもらう必要があるのです。歯周病になりそうな状態であれば、予防することができるのです。

そして歯垢を取ってもらいます。キーンと鳴る機械音が苦手な人も多いと思いますが、毎日歯磨きしていても歯垢はこびりついてしまうものです。こびりついた歯垢をプロにしっかり落としてもらいましょう。虫歯や歯周病を防ぐことができるようになります。

その他にもブラッシング指導や口の中の病気もチェックしてもらえるのです。人によって歯並びは異なりますし、歯磨きのクセも違います。磨き残しをしている箇所を積極的に磨くために、ブラッシング指導を受けるといいです。また、口の中は虫歯や歯周病だけではなく、口内炎や口腔粘膜の異常、口腔がんなどの恐ろしい病気にかかることもあります。普段から口の中を清潔にしておくことを心がけ、歯科医院で歯や粘膜に異常がないか確認してもらうことが大切です。

やっぱり歯磨きは食後すぐのタイミング

歯磨きは食後すぐのタイミングで行うことがベストです。歯磨きは歯垢を取り除くためにするものだからです。歯垢は虫歯や歯周病の原因となるので、しっかり歯ブラシで落とす必要があります。歯間ブラシやデンタルフロスを併用することで、さらに歯磨きの効果が高まります。

食後30分以内に歯磨きをしてはいけないというのは、酸蝕症を防ぐためです。酸性の強い飲食物を口に入れたら、なるべく早くお茶や水でうがいして中和させるようにしましょう。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする