生え始めの子どもの歯のお手入れはどうしたらいい?歯磨きの始め方と時期を解説

初めてママになった時は、赤ちゃんのお世話はもちろん、いろんなことが初めてなので、毎日を一生懸命過ごしていることと思います。また、赤ちゃんの歯が生えていなかったり、最近になって歯が生え始めたという場合、赤ちゃんの歯磨きは必要でしょうか。

特に新米ママは赤ちゃんの歯についても初めてのことで何も分からない、という方も少なくありません。

ここでは、赤ちゃんの歯磨きの始め方や時期について詳しく解説していきたいと思います。

赤ちゃんの歯が生え始めたら

赤ちゃんの歯が生え始めるのは一般的に生後4ヵ月から6ヵ月頃。その頃にはどのようにお手入れをしたらよいのでしょうか。

ガーゼ歯磨きを実践する

抵抗力や免疫力が低く、未熟な赤ちゃんのお口の中は、いつも清潔に保つことが大切です。歯がまだ生えていなくても、ママがおっぱいやミルクを飲ませた後は、ガーゼを使用して優しく拭き取ってあげましょう。歯がまだ生えていないので、入念に拭き取る必要はありません。

あまりにも強い力を加えると、赤ちゃんの口腔内を傷つけることになる上、今後、歯磨きを嫌がるようになっては困ります。ガーゼでお口の中をキレイにしておけば、後に歯が生えてきた時に虫歯の予防にもなるので、スキンシップの一つとして毎日行うようにしましょう。

ガーゼ歯磨きで歯を清潔に

生後5ヵ月頃になると、乳歯が生え始める赤ちゃんが多くなります。しかし、赤ちゃんの乳歯が生えてきたからと言って、今すぐに歯磨きをしなければいけないという訳ではありません。栄養のほとんどがミルクや母乳のため、それほど歯は汚れません。

歯があるからこそ歯に汚れが付着しないよう歯磨きが必要なのは大人も子供も同じです。それでも、まだ生後数ヵ月の赤ちゃんは、口の中に異物を入れるような歯磨きは難しいでしょう。一度歯磨きに違和感を覚えると、もう少し大きくなって歯ブラシを使用する際に、必ずと言ってよいほど嫌がります。

そのため、歯ブラシがまだ無理な間は、まずはガーゼや綿棒などを使用し、歯に付着した汚れを取ってあげましょう。まずは赤ちゃんがガーゼを口の中に入れることに慣れることが大切です。

歯ブラシよりもガーゼで汚れをキレイに

歯が数本しか生えていない生え始めは、歯ブラシを使用するよりもガーゼの方が歯に付着した汚れが取りやすく、歯ブラシよりもキレイに磨くことができると言われています。もちろん、ママが毎日ガーゼを使用するのも大変ですから、ガーゼでの歯のお手入れに慣れてきたら、徐々に歯ブラシに移行してみてください。

歯ブラシは乳幼児用の小さな歯ブラシを使用し、まずは歯ブラシの刺激を楽しませながら慣れることで、赤ちゃんも歯ブラシを楽しいものだと認識するようになります。ママも赤ちゃんと遊ぶような感覚でやってみるのがおすすめ。

歯磨きスタートは赤ちゃんが興味を持ってから

赤ちゃんの歯磨きは、歯が生え始める前の段階で準備をはじめます。まずは指にガーゼを巻いて行います。歯が生えてきたら、一般的に乳幼児用の歯ブラシを使用して磨くようにしましょう。

しかし、赤ちゃんの様子や時期をみて慎重に歯磨きをすすめても、歯磨きは赤ちゃんにとってかなり違和感がある行為。そのため歯磨きを嫌がる赤ちゃんが多いのは当たり前のことです。ママは虫歯にならないように必死になりがちですが、歯磨きは赤ちゃんが興味を持ってから始めても遅くはありません。

歯磨きを急がなくても良いのはなぜ?

赤ちゃんは普段からよくよだれをたくさん出します。よだれは口の中のバイ菌を洗い流してくれているので、赤ちゃんのお口の中は実はキレイなのです。そのため、あまり慌てて口腔ケアを進めなくても問題ありません。

まずは赤ちゃんがほんの少しずつでも歯ブラシに慣れていくことができればそれで良いのです。

赤ちゃんが歯磨きに慣れることからスタート

赤ちゃんにはまず歯ブラシに慣れてもらうことを目標にしましょう。

歯磨きは、1日1回歯磨きを行うだけで十分です。泣いてぐずっていたり、気分によって赤ちゃんが歯磨きをしたがらないという時は、無理に歯磨きをする必要はなく、ガーゼで歯の汚れを拭き取っておきましょう。

また、歯磨きは夜寝る前に行いましょう。大人も子供も同じですが、夜眠っている間は、誰もが唾液の分泌量が減ります。そうすると、お口の中の虫歯菌が繁殖しやすいと言われています。習慣化させるためにも、毎日決まって夜寝る前に行うことを心掛けてください。

寝る前に、赤ちゃんのご機嫌も見ながら、ママがキレイに歯磨きしてあげてください。歯磨きに慣れてきたら、1日2回の歯磨きを、夜寝る前と朝食後に行うようにしてください。

どうやる?赤ちゃんの歯磨き

歯磨きをする時は、赤ちゃんの頭をママの膝の上に乗せ、仰向けにして行いましょう。ぐずっている状態で歯磨きをすると赤ちゃんのお口の中を傷つけてしまう可能性があるので、おもちゃやDVDなどで気分転換させてから歯磨きを行うといいですよ。

赤ちゃんの歯の磨き方

ここまでに紹介したガーゼ歯磨きと歯ブラシを使った歯磨きの仕方について詳しく見ていきましょう。

ガーゼ歯磨きの仕方

歯が生えていない赤ちゃんのお口の中は、清潔なガーゼを使用して汚れをキレイにします。授乳やミルク、離乳食の後にお茶や水を飲ませて、口の中の食べ残しがない状態で始めてください。ママの膝の上に赤ちゃんを仰向けに寝かせて、人差し指にガーゼを巻き、ぬるま湯につけて湿らせてから赤ちゃんの歯茎の汚れをさっとふきとります。

また、赤ちゃんのお口の中は奥行きも狭いので、ママの指を奥まで入れ過ぎると嘔吐することがあります。指の入れすぎには十分注意して歯磨きを行ってください。歯磨きの際は、口腔内を傷つけてしまうことのないよう、優しく撫でるように行ってください。

乳幼児専用歯ブラシで行う歯磨きの仕方

赤ちゃんに乳歯が生えてきたら、そろそろ乳幼児専用歯ブラシで歯磨きをはじめましょう。赤ちゃん用歯ブラシや仕上げ磨き用の小さなヘッドの柔らかい歯ブラシは、薬局やドラッグストア、また、インターネット、歯科医院などでも販売されています。

歯ブラシは前後左右に細かく動かして磨くと良いです。赤ちゃんの歯茎はまだ弱いので、あまり力を入れ過ぎないように注意してください。

歯ブラシを使用する際は、専用の歯磨き粉を使用します。歯磨き粉として使用するのは、ジェルタイプの歯磨き粉がオススメです。お口の中で泡立つようなことがないので、赤ちゃんに不快感なく使用することができると言われています。今はフルーツ味のジェルなども販売されているため、それらを使用して歯磨きを行うようにしましょう。特に、フッ素などが配合されたジェルタイプの歯磨き粉を好む赤ちゃんも多いようです。

また、歯磨きを行う際は、決まった時間に行うと赤ちゃんもそれが習慣であることを認識します。毎日ある程度の時間を定めて行うと効果的です。赤ちゃんの歯磨きについては、1日1回程度行うだけで十分です。

磨き残しがないように

赤ちゃんの歯を磨く際は、歯と歯の間、また、歯と歯茎の間は特に磨き残しが多いことから虫歯になりやすいです。その為、できる限り歯の全体がしっかりと綺麗に磨けるように、磨く順番に注意して行うようにしましょう。

赤ちゃんの頃から磨き残しが多いと、口内環境を清潔に保つことができず、丁寧に歯磨きを行ってきた子供よりも虫歯になりやすくなってしまうので注意が必要です。

歯磨きは楽しく行う

赤ちゃんが自分の手で歯ブラシを持つようになったり、歯磨きに興味を示した場合は、自分で歯磨きの楽しさを見出している可能性があります。喉に詰めてしまっては大変だと思い、ママが必死に歯磨きをしても、赤ちゃんにとってそれは楽しみでも何でもなくなってしまいます。

自分から興味を持つ様子が見られるようになったら、喉の奥に入ってしまうタイプの歯ブラシではなく、ストッパー付きの赤ちゃん専用歯ブラシを持たせ、ママが安全を見届けることができる環境で行うようにしましょう。

歯磨きを楽しむことができた赤ちゃんは、きっとご機嫌であると思います。仕上げ磨きはしっかりママが行いましょう。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする