セラミックの歯は保険適用できる?白い被せものにする様々な方法を紹介します

銀歯は、喋ったり笑ったりする場合に目立ってしまいがちです。そのため、特に女性にとっては、歯の治療をするときは見た目が自然な白い被せものにしたいという方は多いでしょう。ただ、セラミックの被せものをすると治療費や保険適用になるのかといったことが気になります。ここでは、セラミックの被せものや、そのほかの歯を白くするための方法をご紹介します。

歯の治療の被せものに関する保険適用のルール

被せものが保険適用となるのか、そうでないのかについて、詳しく解説していきます。

保険適用されるかは材質による

虫歯治療で使う詰め物や被せものは、保険適用になるものとそうでないものがあります。その他の一般的な治療と同様に、保険適用外になるものも少なくありません。保険適用外の治療になってしまうと、高額な治療費が請求される可能性があります。治療を受ける前に、保険適用できるのかどうかを確認しておきましょう。

保険が適用される被せもの

主に次のような素材が保険適用可能です。
・金や銀、そしてパラジウム
・プラスチック
これらの素材の中でも、金属のものについては、純粋な素材ではなく加工のしやすい合金であることがほとんどです。

保険適用とならないのはどんな被せもの?

保険適用されないものとしては、主に次のような素材があります。
・セラミック
・ゴールド

セラミックは、白くて見た目が自分の歯と変わらず、治療跡が目立ちにくいため、とても人気があります。しかし、保険適用外であるため、通常の歯の治療に比べると治療費が高額になります。

治療にセラミックを使うと費用が高くなる

なぜ、歯科治療でセラミックを使うと、保険適用外になり治療費が高くなるのでしょうか?それには、理由があるのです。

保険は最低限の治療にのみ適用可能

健康保険の適用条件は、治療内容が体の健康の回復を目的としているかどうかです。たとえば、風邪や怪我をしてしまい、その改善のために治療を受けるとほとんどの場合で保険適用となります。

一方で、脱毛や整形といったものについては、体の健康とは無関係の目的によって施術されるものです。このような審美性に係るような医療行為については、基本的に、健康保険は適用されません。

セラミックは審美性をもとめる素材

それでは、セラミックの被せものについて少し詳しく見ていきましょう。

セラミックは虫歯治療で被せものや詰め物としても利用されます。その事実だけを見ると、体の健康を取り戻すための医療行為であることから、健康保険の適用ができるのではないかと考えてしまいがちです。

しかし、健康保険の条件としては、体の健康を取り戻す医療行為の中でも、最低限の医療行為にのみにだけ保険適用がされることになっています。保険適用となる被せものは、銀やプラスチックを用いた治療。安価で健康を回復させるには十分と考えられています。それにもかかわらず、あえて高価なセラミックを治療に使うということは、審美性を求めた治療だと判断されるのです。そのため、セラミックは保険が適用されません。

白い被せものにはセラミック以外の素材で

このようにセラミックを用いると保険適用外です。しかし安価で保険適用されても、見た目に良くないため、銀歯にするのは避けたいという方も多いでしょう。コストを抑えつつ目立ちにくい被せものにしたい場合は、セラミック以外の被せものを使うことになります。

セラミック以外の保険適用できる白い被せもの

ここでは、保険適用できるセラミック以外の素材を使った治療方法について、詳しく解説していきます。

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンというのは、いわゆるプラスチックの素材です。土台からすべてレジン(プラスチック)を使うので、表も裏も白いのが特徴。また、仕上がりが自然で金属を使っていないことから、金属アレルギーの心配がないというメリットがあります。この方法の場合、前歯から数えて左右5本目までは、保険適用で治療することが可能です。

デメリットとしては、プラスチック素材であることから、経年劣化の可能性があるということです。また、通常の銀歯に比べると強度が弱いため、割れたり変形したりする恐れがあります。そのため、奥歯などのかみ合わせが強い部分には使用することができません。

硬質レジン前装冠

こちらもレジンを使っていますが、金属フレームにレジンを張り付けるタイプの被せものとなっています。土台に金属を採用していることから、レジン素材だけでできた被せものに比べると強度があるのがメリット。そのため、ブリッジなどへの応用も期待できます。ただし、前歯から3本までしか保険適用はできません。それ以外の歯の治療で使用するときは保険適用外となります。

また、強度はあるものの、やはりレジンを使っていることから経年劣化による変色などの恐れがあります。また、裏側は金属になっているため、見え方によっては金属部分が見えてしまう可能性があります。

ハイブリットセラミックレジン冠

これは、セラミックとプラスチック素材を専用の機械で混ぜ合わせたハイブリッドセラミックレジンという素材を使用した被せものです。第一小臼歯と第二小臼歯の治療に使う時だけ、保険適用が可能になりました。硬質レジンジャケット冠よりも欠けたり割れたりしにくく、ある程度の力にも耐えることができます。

ただし、強度はあってもレジンを使用していることから、経年劣化による変色は避けられません。また、この治療法自体を導入している歯科医院は多くありません。そのため、治療の相談をする前に治療そのものが行われているかを事前に確認しておく必要があります。

セラミック以外にできる歯を白くする治療

最後に、保険適用外とはなりますが、まだまだ歯を白くする治療方法がありますので、詳しくご紹介していきます。

歯のマニキュア

歯のマニキュアとは、ホワイトコートとも呼ばれる施術法です。銀歯を特殊な塗料でコーティングして白くします。1日で施術が完了するので、手軽に受けることができます。ただし、ある程度期間が経過すると、自然と塗料が落ちていきますので、定期的に施術を受ける必要があるでしょう。

また、市販で販売されているものもありますので、自分で行うことも可能です。しかし、歯科医院で受けるよりも持続期間が短かったり、ムラになって、かえって目立つようになってしまったというケースも少なくありません。確実にきれいに処理したい場合は、歯科医に依頼をしたほうがよいでしょう。

ティーシーズ

ティーシーズとは、歯の表面に人工的な歯を貼ることで、綺麗な白い歯にすることができる施術法です。歯を抜いたり、削ったりする必要がなく、さらに銀歯の上からも張ることができため、手軽に施術を受けることができるでしょう。

また、貼り付けるだけですので、歯のマニキュアのように色むらを心配する必要がありません。施術回数も最短2回で完了するため、時間がない方でも手軽に受けることができます。ただし、人工的な歯を貼ることで、かみ合わせに影響はないものの、厚みが出ることからある程度の違和感が生じる可能性があります。

セラミック以外にも保険適用できる白い被せものはある

セラミックの被せものは、保険適用外となるため、一般的に費用が高くなります。レジンを使った被せものであれば、ある程度の制限や経年劣化による変色のデメリットがありますが、保険適用で治療が受けられます。被せものの場所を考え、歯のマニキュアやティーシーズなど、保険適用外の治療も含めて検討してみてください。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする