【その口臭病気かも!?】歯医者でできる口臭治療と自宅で可能な対策を紹介!

口臭がきつくなる原因としてイメージされやすいのは「歯磨きしていない」とか「臭いのキツイ食べ物(ニンニク等)を食べた」といった理由が第一に思い浮かぶかと思います。しかし、そうした原因は一時的なものであり、歯磨きをする、口臭対策グッズ(タブレットタイプの口臭対策グッズ等)を使用するといった対策ですぐに対応できます。

画像

口臭の原因となる病気とは?

 

何らかの原因で口腔内の唾液量が減少することでも口臭は発生します。これを「生理的口臭」というのですが、これも一時的なものです。水分補給や咀嚼で唾液を分泌させることで解消できます。

ですが、そうした方法では解消できない、治療を必要とする病気を原因として口臭を引き起こしているケースがあります。

虫歯

まずは「虫歯」です。軽度な虫歯であれば口臭の原因となるケースは少ないのですが、ある程度虫歯の症状が進行してしまうと口臭の原因となってしまいます。口臭の直接の原因は、虫歯菌による歯を溶かす時の酸の影響です。

虫歯による口臭の厄介なポイントは、臭いを感知する鼻腔までその臭いが届かないということです。これがどういったデメリットになるかと言えば、鼻腔まで虫歯による口臭が届かないことで「臭いを自覚できない」ということになります。つまり、周囲には口臭がバレているのに、自覚できないことでスメルハラスメントの原因となる可能性が高いのです。

歯周病

次は「歯周病」です。歯周病は歯と歯茎の間に細菌が影響し、歯茎が炎症を起こしてしまいます。その結果、出血や膿の発生により、口臭を発生させてしまいます。

虫歯や歯周病は、一度発生してしまえば自力で治すことは難しくなります。初期の段階では目立った症状を自覚しないこともあります。その結果、口臭の原因となる段階まで病気が進行するのを気が付かないケースも多いです。一時的な原因で口臭が発生している場合とは異なり、治療しない限り口臭が根本的に改善されず、さらに悪化する可能性が高くなります。

歯医者では専門外となる病気

上記のように、生活習慣や生理的口臭ではない、特定の疾患を原因とする口臭のことを「病的口臭」と言います。病的口臭は原因となる疾患を治療しなければ口臭が改善しないケースが多いのですが、そのすべてが歯医者で治療可能なものばかりではありません。

口臭の原因となる疾患は、歯や歯茎以外にも喉や呼吸器、消化器官の病気にも存在します。歯医者で検査してこれらの病期が疑われる場合は、それぞれの疾患の治療に適した医療機関を受診する必要があります。

歯医者で受けられる口臭治療

次に、口臭の原因がはっきりとしている場合において、これを歯医者で治療できる場合の治療法について解説します。

虫歯や歯周病の治療

まずは「虫歯」や「歯周病」の治療です。虫歯や歯周病は、一定以上の症状の進行によって通常の歯磨きなどのケアでは解消できなくなります。歯の寿命および食生活などにも悪影響となりますので、早めに治療を行う必要があります。

口臭対策としては、虫歯や歯周病の再発予防に努めることも重要になります。一度、原因となっている虫歯や歯周病を治療しても、その後に別の虫歯や歯周病ができてしまえば再び口臭の原因となる結果になります。そのため、治療後は歯磨きを徹底し、定期的に歯科医院で歯の状態をチェックしてもらいましょう。

親知らずがあれば抜歯する

次は「親知らずの抜歯」です。なぜ、親知らずの抜歯が口臭対策になるかと言えば、親知らずの存在は歯磨きを難しくするからです。

親知らずの周囲は、歯磨きが難しく、歯垢や歯石が溜まりやすくなってしまいます。そこに細菌が溜まり、口臭の原因となるのです。また、周囲の歯の虫歯や歯周病の原因となる可能性もあるため、親知らずがあるのであれば早めに抜歯しておきたいところです。

歯のクリーニング

最後は「歯のクリーニング」です。いわゆる「PMTC」と呼ばれる治療内容で、行うことは「専門的な歯のクリーニング」です。歯を綺麗にするという観点においては歯磨きでも十分に行える内容だと思われがちですが、実は口臭解消のためには必要なことにもなるのです。

固まってしまった歯石や、狭いところに入り込んでいる歯垢は、通常の歯磨きでは払拭することができません。次第に口臭の原因になったり、虫歯や歯周病の原因になる可能性も高いです。そういった歯垢や歯石を取り除くためには、プロの手による歯のクリーニングが必要なのです。

本人では見逃してしまうような狭い部位の歯垢・歯石であっても発見し、通常のブラッシングでは除去できない頑固な歯石でも取り除くことができます。虫歯や歯周病の治療が必要ではない場合であれば、少ない負担で口臭の原因を取り除くことができます。

自宅で実践可能な口臭対策とは?

次に、自宅でも実践可能な口臭対策について解説します。ここでは、病期の治療ではなく、生活習慣や生活に直結する部分に原因があるような口臭の対処法について解説します。

基本は歯磨き

口臭対策の基本は「歯磨き」です。歯磨きを徹底することは、口臭の原因となる歯垢や歯石、それらを原因とする虫歯や歯周病など、口臭だけでなく歯や歯茎に関わる病気の原因を予防・解消するために重要なアクションとなります。

徹底的な歯磨きにおいて必要なこととして「デンタルフロス」などが挙げられます。歯と歯の細かい隙間に関しては、一般的な歯ブラシでは対処しきれません。その他にもさまざまな歯磨き関係のグッズがありますが、最低限デンタルフロスは常用したいところです。

舌磨きも有効

また、「舌磨き」も有効な手段となります。舌には「舌苔」と呼ばれるものが付着しており、これも口臭の原因となります。通常は問題になるようなことはないのですが、唾液の分泌量が少ない場合などでは口臭の原因となります。

しかし、舌磨きをしすぎると、逆に口臭の原因となる可能性も考えられます。舌はデリケートなものであり、過剰な舌磨きは舌を傷つけてしまいます。これが最終的に口臭を悪化させる原因になる可能性もありますので、やり過ぎには注意して舌磨きを行ってください。歯医者で担当医から、舌磨きに関するアドバイスを受けることをお勧めします。

水分補給やガムも口臭対策となる

歯医者で対処しなくても問題ない、生理的な口臭の原因はその大部分が「唾液不足」です。口腔内が通常よりも乾燥していることにより、口腔内の細菌の影響を受けやすくなって口臭が悪化します。そのため、口腔内の水分量や唾液分泌量を改善することが、口臭改善に繋がるケースが多いのです。

具体的な方法としては、直接的な方法としては単純に「水分補給」をすることです。また、ミントなどの口臭対策として知られる「ガム」を噛むことで唾液の分泌を促すことも、口臭対策には重要な意味を持つことになります。

 

結論:病気の可能性もあるから、まずは歯医者へ行こう

口臭の原因は、時に病気を原因としている場合もあります。病気の場合、虫歯や歯周病など歯医者で治療可能なものもあれば、消化器官の病気を原因としているケースもありますので歯医者で対処しきれない可能性もあります。

いずれにしても、まずは「口臭の原因が何であるか」を解明することが重要です。唾液が足りないからだろうと考えていたら、実は虫歯がかなり進行していたというケースも珍しくありません。新しい治療法が導入されている可能性もありますし、まずは歯医者で原因を診断してもらい、それに応じた治療や対処法を実践しましょう。

シェア

↓↓↓参考になったらシェアをお願いします!↓↓↓

シェアする